プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年9月24日・朝食 -アジとブロッコリーのレンジ蒸し-

★ごはん
★汁ビーフン(ビーフン、小松菜、冷凍コーン、キャベツ、かつおぶし(だし))
★大根と牛肉のソース煮(大根、牛肉、こんにゃく、プルーン、ウスターソース)
★アジとブロッコリーのレンジ蒸し(刺身用アジ、ブロッコリー、玉ねぎ、しめじ、白ワイン、チャンプルーの素)

ルクエ・スチームケースを買っちゃいました。
上の子が赤ちゃんの時に、鍋を焦がしまくっていた私としては、ほっとくとできちゃう料理技を増やしておく方がいいかと思いまして(だって、途中で赤ちゃんに呼ばれると、コンロに火がかかってたことをそのまま忘れちゃったりするんですもの)。

で、買ってみたのはいいものの、なかなかどう使っていいのか、わからなかった。
レシピ集がついているにはついているんですけど、どれが基本の使い方なのかわからなかったのよね。
まずは、シンプルなレシピを紹介してくれるといいんだけど。

さて、今回の、アジとブロッコリーのレンジ蒸し、材料を全部ケースに入れて、500Wで4分で作ってみました。
ルクエでオリジナルレシピというのも初めてなら、アジと野菜を組み合わせてお料理を作るのも初めて。
こんなリスキーな料理で大丈夫か?と思いつつ、作ってみたのですが。

意外においしかったです

それで今回なんとなく思ったのは、ルクエって、あと1品の副菜を作るのに適しているんじゃないか、と。
ガスコンロが主菜と汁もので埋まってるときとかに、ガスコンロを使わずに一品追加できるし。
電子レンジだから、比較的短時間でできるし。
じっくり作る料理には向かなそうな気もするのですが(いや、できるのかもしれないけど、気分的に)、パパッと手早く作るのには活躍してくれるかも。

また、ルクエでなんか作ってみようと思います。
スポンサーサイト

2009年9月4日・朝食 -とうがんのスープ-

★まつたけごはん(ササニシキ、まつたけ、(あと不明^^;)⇒パパが前日から作ってくれていました。)
★とうがんのスープ(とうがん、緑豆春雨、乾燥きくらげ、まだい、マギーブイヨン(25品目不使用)、塩、こしょう、ひえしょうゆ、純米酒、タピオカ粉)
★はまちのつけ焼き(はまち、ひえしょうゆ、みりん)
★筒菜炒め(筒菜、菜種油、塩、こしょう、クコの実)

とうがん、買っちゃいました。
一応、「ミニとうがん」なのですが、ミニといっても、一度の調理では到底使い切れないですからね・・・。

ネット検索して、ネスレのホームページに載っていた、「冬瓜と春雨の彩り中華スープ (レシピNo.1388)」を参考に、スープにすることにしました。
とはいえ、とうがん以外の具はほとんどそろっていなかったので、ハムはまだいのつみれで代替、生シイタケは乾燥きくらげで代替しました。
まだいは、ミンチ状にしたものを冷凍してあったのですが、本当は、小さな団子状にしてスープに入れてやろうと思ったものが、タピオカ粉で練ってもなかなかまとまってくれず。もう、ほとんどミンチ状のまま放りこんでしまいました。
さらに、朝の忙しい時間、終盤はがたがたで、作り方の3は省略してしましました・・・。

・・・こんなんで、本当に元のレシピに申し訳ないくらいのアレンジなんですけど。
でも、おいしかったです。
ブイヨンは手軽においしくしてくれますね。ただ、味付けが濃い目になってしまいますので、多用は控えようと思っています。
それから、とうがんにブイヨンが合うのも、発見でした。
そして、元レシピでは、さらに、しあげに、ごま油を加えて、「中華風」にするんですよね。どんな味になったのか、試してみたかった気がします。

2009年2月3日・朝食 -きゅうりとエリンギとひじきの炒め物-

★ごはん(ササニシキ)
★ベトナム麺のスープ(ベトナム麺、キャベツ、セロリ、グリーンピース、ひよこ豆、塩、大豆醤油)
★きゅうりとエリンギとひじきの炒め物(きゅうり、ひじき、エリンギ、てんさい糖、大豆醤油)
★焼き魚(にしん・塩)

今朝は、きゅうりとエリンギとひじきの炒め物が、子どもに好評でした。

きゅうりとエリンギとひじきの炒め物
久々に写真も撮ってたので、アップ。

焼き魚ですが、にしんってほんと小骨が多いのね・・・。

ベトナム麺のスープは、完成前までは、「緑の野菜と豆のスープ」みたいな名称を考えていたのに、できあがってみたら、麺があまりにも存在感があったので、名称変更(笑)。
ブン、という米の麺なのですが、乾燥麺がすきとおっていたので、春雨みたいになるのかと思っていたら、素麺みたいにできあがりました。・・・確かにパッケージを改めて眺めると、「乾燥米素麺」と書かれていたのですけど(笑)。

2009年1月26日・朝食 -レタスとさといものお好み焼き-

★レタスとさといものお好み焼き(レタス・さといも・豚肉・米粉・塩・<子ども用>中濃ソース、<大人用>お好み焼きソース)
★春菊とジャンボマッシュルームの洋風スープ(春菊・ジャンボマッシュルーム・玉ねぎ・塩・白ワイン・ローリエ・大豆醤油)

ふっふっふっ。20日にレタス記事を書きましたが、この日もまだレタスが残っていました。もちろん当初に比べれば、ずいぶん小さくはなっていますが。
で、思いついたのが、レタスの千切りでお好み焼きを作ること。普通は、キャベツですけどね。レタスだとよりシャキシャキ感の強いお好み焼きになるかな、と思い。

そして、さといも。これも、小さなさといもが数個、微妙に残っておりまして。
さといもも、お好み焼きに入れちゃえないかい?
いえ、さといもっていうと最初に思いつくのが和風の煮物ですが、意外とグラタンとかにも合うし、スライスして炒めてもホクホクおいしい素材なのですよ。お好み焼きにもなんとか合うのでは?
それに、やまいもってお好み焼きにすりおろしていれますよね。さといもだって、ぬめぬめいものつながりで、なんとかならないかい?
そう思って、ネット検索してみると、さといものお好み焼き、いくつかひっかかってきました。やりかたは、おろして入れる、というものもあったのですが、手元のさといもは小さいものだったので、おろすと怪我をしそう。それで、電子レンジでチンして、つぶす、というやり方を採用しました。

ボウルに千切りレタスを入れ、米粉に塩を混ぜた粉を水でのばしたものを入れてぐるぐるかき混ぜ、つぶしたさといもを投入して、さらに混ぜて、生地にしました。
そして、フライパンを熱して、まず、豚肉を裏表焼き、そこに生地を一気に流し込み。いえ、本当は、人数分の3つに分けて焼く方がよいのでしょうけど、何しろ、平日の朝、それまでの準備ですでにタイムオーバー気味だったので。。。
そして、ふたをして5分(途中から弱火にします)。ふたをとってみると、なんとなく、お好み焼きらしくなっているではありませんか。でも、上手にひっくり返すのは難しそう・・・っていうか、不可能そう。
でも、なんとか、ひっくり返して、再び、ふたをして5分。で、加熱終了です。
だいたい3つに分けて、お皿に盛り、大人用にはおたふくのお好み焼きソース、子ども用には原材料のよりシンプルな中濃ソースをかけてできあがりです。

結構、もっちり、ほくほくしてて、おいしかったです。
ていうのか、たぶん、さといもが大成功だったと思うのですよ♪
ワタシとしては、残り物を組み合わせて、おいしいものが作れたので、満足、でした。

ちなみに、スープについてもコメント。
生協で、ジャンボマッシュルーム、というのを買っては見たものの、使い方がわからず。それで、スープに入れてみた、という感じなのですが、だんだん、洋風スープの香りが漂ってきたのですよ。最初は、和風のスープになるかと思ったのですが、ここまで、洋風の香りがするのならしようがない、と白ワインとローリエで香り付けをし、最後、醤油で味を調節してできあがり、としました。
こちらもパパにまあまあ好評でしたよ。

2009年1月20日・朝食 -ハムと千切り野菜のサラダ-

・納豆ご飯(ササニシキ・納豆・大豆醤油)
・レタスと玉ねぎの味噌汁(レタス・玉ねぎ・わかめ・塩・味噌・大豆醤油)
・ハムと千切り野菜のサラダ(ハム・もやし・にんじん・水菜・てんさい糖・りんご酢・大豆醤油)
・ひじきとレタスの炒め物(ひじき・レタス・ピーマン・ごま油・菜種油・大豆醤油)
・ラ・フランス

この日の朝食のテーマは、「レタスを食べよう!」でした。
だって、数日冷蔵庫にほとんど手付かずのレタスが眠ってたんですもの(笑)。

すべての料理にレタスをちょっとずつ使おうと思っていたので、それぞれ調理法を変えて、同じレタスでもちがった表情を見せて、飽きないようにしてあげたいところ。
そこで、スープの具、サラダ、炒め物、の3つの調理法を採用することにしました。

スープ(結局味噌汁にしましたが)の具には、玉ねぎとわかめ。この2つだと、それだけでばっちり味噌汁の具!という感じだと思うので、これに、なんとなくレタスをちぎって加えました。そもそも、レタスと玉ねぎ、レタスとわかめ、それぞれ相性は悪くないはず。

サラダは、にんじんとレタスは千切りにし、もやし・水菜はそれぞれ適当な長さに切って、すべての野菜を棒状に揃えました。
にんじん・もやし・水菜は、それぞれ電子レンジで加熱調理。
お皿には、まず、6分の1に半月っぽく(?)切ったハムを並べて、そのうえに、野菜を散らすように盛り付けました。
パパは、最初味付け無しの状態で食べ、おいしい、と言っていたのですが、用意したドレッシングをかけると、(それが甘いので)合わなくなったとぼやいていました。どうやら、もともとハムについていた塩味で、おいしくいただけていたようです。この盛り合わせ方だと、食べる側は、ハムと野菜をいっしょにつまんで食べることが多いので、野菜に味付けをしてなくても気にならなかったのかもしれません。

ちなみに、サラダの残りの具、夜は、大人用には、ライスペーパーに巻いて、スイートチリソースを付けていただきました。この食べ方だと、あっという間に野菜が食べれちゃいますよ^^
子供用には、ライスペーパーをちぎって、無造作にならべた野菜の上に載せ、朝と同じドレッシングをかけて出しました。

炒め物は、ごま油とサラダ油に、味付けは醤油だけ、というシンプルな味付けの炒め物です。ただ、ごま油自体がうまみがある油なので、大人も満足、という感じでした。ピーマンも、数日冷蔵庫に残っていたものがあるので、使ってしまわねば、とばかりに投入しました。

パパもおいしかったと言ってました(無理やり言わせたとの説もあり^^;)。
でも、1種類の野菜をたくさん食べたいときでも、こんなふうに調理法を変えて出すと、飽き飽きせずに食べることは可能なんですよ^^

2008年12月11日・朝食 -さつまいもとかぶのサラダ-

★ごはん(ササニシキ、あわ)
★味噌汁(なめこ、春菊、わかめ、塩、あわの味噌)
★さつまいもとかぶのサラダ(さつまいも、聖護院かぶ、クコの実、てんさい糖、りんご酢)
★アジの和え物(アジの刺身、あわの味噌、玉ねぎのみじん切り、しょうがのみじん切り;大人用)
★ゆで魚(アジの刺身;子供用)

かぶとさつまいものサラダ

先週は生協で聖護院かぶを買いました。
聖護院かぶってご存知ですか?これが大きいんです!「おおきなかぶ」に主人公で出てきそうな大きなかぶです。京野菜らしいです。
これが、大きいだけあって、まだ使い切れていません。

で、本日は、蒸して、サラダにしてみることにしました。
他にも、さつまいもがあったので、さつまいもも合わせてみようっと。
・・・ということで、さつまいも1本を半分の輪切りにし(半月切り?)、聖護院かぶを8mmくらいの厚さに切ったあと、適当に1口大に切り、その2つを蒸し器で蒸してみました。蒸し時間は、かぶは5分くらい、さつまいもは15分くらいかしら。
蒸しあがったら、ボウルに入れて、全体に軽く混ぜます。
で、彩りが寂しいので、うちにあったプルーンを刻んで入れようかな、と思ったのですが、そういやクコの実の方が刻まなくても丸ごと投入するだけだからラクかな、という理由で(^^;)、クコの実を投入。
味付けは、てんさい糖を大さじ2くらい、それから、りんご酢を同量くらいかなあ、入れて、さらに全体を混ぜました。

これが期待以上においしかった。(というか、もともと大して期待してなかっただけなのですが)
味がフルーティなんですよね~。
かぶがちょっとりんごチックな食感になったというか。もともと歯ごたえもやわらかくていい感じ♪さつまいもとも意外と相性が良かったです。

ということで、本日は、適当に作ったものが、想像以上においしかったので、メモしてみました^^
そうそう。この料理でかぶは使いきれましたよ♪

2008年11月22日・朝食 -手作り食パン-

★パン(大人用;強力粉、塩、てんさい糖、白神こだま酵母;子ども用;『笑みの米パン』)
★A-1マーガリン
★スープ(大根、桜海老、えのき、ひよこ豆、しょうが、塩、あわ醤油、純米酒)

実は、これ、時間がたってから記事にしています。
私にとって、パンを作るっていうのは、ちょっとした非日常なので、記録を残しとかねば、みたいな。

初めて家で小麦粉の食パンを作りました。
もちろん、本を見ながら、です。

できあがりはこんな感じ。
食パンできあがり

手作り食パン

パウンドケーキ型を使ったので、小さいです。
(だって、普通の食パン型って買っても、超まれにしか使わないはずだから。)

作成には時間がかかりました。
朝早くおきて作り始めたのに、朝食もちょっと遅くなってしまいました。
ちょっと耳の部分が想像以上にぱりぱりしてて硬かったです。

2008年11月16日・朝食 -青きなこの蒸しパン-

本日は失敗の記録をば。

★青きなこの蒸しパン(ホワイトソルガム粉(子ども用、大人用には強力粉を使用)、青きなこ、プルーン、塩、てんさい糖、B.P.)
★玉ねぎとえりんぎのしょうがスープ(玉ねぎ、えりんぎ、塩、米しょうゆ、しょうがエキス)
★じゃがいもの変わり炒め(じゃがいも、塩、こしょう、バジル、(前日の夕食「ぶりのりんご蒸し」で残った玉ねぎとりんごのみじん切り))
★ゆでウインナー(ウィンナー)

青きなこ蒸しパン

現在、我が家では、食材一掃セール実施中、なのです。なるべく食材を購入せず、冷蔵庫や戸棚に眠っている食材を使い尽くしてしまおう、という、年末前のキャンペーンを行っております。(年末になったら、年越しの食材が増えるので、その前にね。)
で、実は賞味期限の切れた青きなこと、賞味期限の切れた強力粉が残っておりまして。
それをなんとか使おうということで思いついたのが、青きなこを使った蒸しパンです。

レシピは手元にあった「アトピーに負けない!森さんのレシピ」を参考にしました。
(・・・とか言って、これ、材料が相当違う。参考にするのに無理があったんだと後で思うのですが)
さつまいもパウダーのかわりに青きなこを。雑穀粉はあわ粉のかわりにホワイトソルガム粉または強力粉を、みたいな。
トッピングは、レーズンがないのでかわりにプルーンを。ホワイトソルガム粉バージョンには、細かく刻んで投入し、強力粉バージョンは、面倒くさかったので、大粒のまま1カップ一個ずつ、どんっと真ん中に。
蒸し時間はホワイトソルガム粉バージョンは15分。強力粉バージョンは20分。

で、できあがったもの(強力粉バージョン)を食べてみたところ、・・・重い!
なんだかずしっとしすぎているような。
マフィンカップが、大きかったのか?(妙に迫力あり)
B.P.が足りなかったのか?(ふんわり感なし)
青きなこの色みが合わなかったのか?
蒸しパンってこんな感じでしたっけ??

夕方おやつで残ったものを食べたときはそこまでひどく思わなかったんですけど、朝、食べたときはまずいもの作っちゃったかな、と思いました。
ホワイトソルガム粉バージョンをつまみぐいしたときは、それほど食べにくく感じなかったですけどね。それも、プルーンのトッピングのおかげなのかもしれません。
蒸しパン作りは簡単だけど、適当においしく作るのは意外と難しいかも?

さて、本日の朝食は、もうひとつ記録しときます。それは「じゃがいもの変わり炒め」。
じゃがいもの変わり炒め

さちまねき得意の『残り物リサイクル料理』です♪
前日の残り物は、「ぶりのりんご蒸し」。炒めたりんごと玉ねぎのみじんぎりの中に、ぶりの切り身を投入して蒸すものなのですが(「卵・牛乳・油を使わないおかず」参照)。
それで残ったみじん切り。じゃがいもを炒めたものにあうはず、と思いました。だって、玉ねぎですよ。りんごですよ。
で、薄切りにしたじゃがいもをオリーブ油で炒め、塩・こしょうで味付け、そして、じゃがいもだいたい火が通ったら、残ったみじんぎりを投入してさらに炒め、最後にバジルをトッピングです。

これはダンナに好評。
子どもは残しましたけど。。。(写真は子どもの残り物を撮ったもの。ダンナにそんなに好評だと思わなかったので、食べる前に写真を撮っていなかったんですよ。。。)


 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。