プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月16日・子どもごはん -ホワイトアスパラのミルクリゾット-

こどもごはん 昼食
★ホワイトアスパラのミルクリゾット
(キヌア入りごはん(キヌア、低アレルギーササニシキ)、ホワイトアスパラガス、赤玉ねぎ、小松菜、塩、ひえしょうゆ、アレルギー用粉乳(ニューMA1)、タピオカ粉、パセリのみじんぎり)

(参考)こどもごはん 朝食
★キヌア入りごはん(キヌア、低アレルギーササニシキ)
★梅入りサラダ(ホワイトアスパラガス、赤玉ねぎ、小松菜、赤貝、梅干、赤梅酢、メープルシロップ)

ホワイトアスパラのミルクリゾット


今日の子どもごはんの食材は、ホワイトアスパラガス、赤玉ねぎ、小松菜。たんぱく源は赤貝。
回転食を実践している我が家では、一日に食べられる食材の数を限っていて、だいたい野菜3点、たんぱく源1点なのです。

で、朝食には、梅入りサラダを作ってみました。意外と梅干が好きみたいなので、おいしいかなー、と思ったのですが・・・。
これが不評。というか、母(私)も同じものを食べたのですが、赤玉ねぎがいがらかった。一応、電子レンジであくぬき(600Wで20秒)したつもりだったのですが、それだけじゃ足りなかったのかも。(ホワイトアスパラは、鍋でしっかり下ゆで。小松菜は電子レンジのオートメニュー「ゆで野菜(葉菜)」で下ゆで。)

昼食はどうしよう・・・と思ったのですが、たまたまアスパラガスのリゾットというメニューが目に留まり、おいしそうだったので、そのアイディアをいただくことに。

手順
1.下ごしらえ済みの小松菜、赤玉ねぎを粗いみじんぎり、ホワイトアスパラは小さめのぶつぎりに切る(要は子どもが食べやすい大きさです)。
2.1を少量の塩とひたひたの水でゆでる。
3.適当なタイミングでひえしょうゆ少量を2に入れる。
4.別カップで、水にアレルギー用粉乳(添付のスプーン1.5杯)とタピオカ粉を溶かし、3に投入。よく溶けるように、しゃくしでゆっくりかき混ぜる。
5.キヌア入りごはん、軽く1ぱいを投入。しゃくしでゆっくりかき混ぜる。少ししたら、火を止める。
6.器に移して、彩りにパセリをふりかける。

母用にも同じものをお米を変えて作ったのですが、まあまあおいしくできていました。
ニューMA1を使うミルクメニューは、失敗も多いんです。粉乳の味にくせがあり、塩加減や水加減を間違うと、「?」という味になっちゃう。
今回はうまくいきました。

子どもは残念なことに昼間はぐずってほとんど食べず。
それで夕食にまわしたのですが、夕食時はぺろりと食べてくれました!

最近は好き嫌いも出始めたわが子。
今後は、おいしく食べてくれるように工夫をこらさなくては、と調理人として決意を新たにしています。

スポンサーサイト

3月30日・子どもごはん -れんこんもち-

この日の子ども用メニュー

★きび入りごはん(低アレルギーササニシキ・きび)
★味噌スープ(大人の「さつまいもとあらめの味噌汁」のスープ部分)
★さつまいもとあらめと玉ねぎの煮物(大人の「さつまいもとあらめの味噌汁」から具を取り分けたもの)
★れんこんもち(れんこん・玉ねぎ・にんじん・タピオカ粉・てんさい糖)

れんこんもち


れんこんもちを作りました。

作り方
1.玉ねぎ(1/4個)・にんじん(1/4個)のみじん切りを耐熱ボウルに入れ、ひたひたの水をはって、電子レンジ600Wで1分40秒過熱。
2.れんこん1本をすりおろしたものに、1とタピオカ粉大さじ2を入れ混ぜる。
3.2を適当な大きさに分け、それぞれ絞って水気を切りながら、小判型に丸める。
4.フライパンにクッキングシートを敷き、ふたをして、弱火にし、じっくり蒸し焼きにする(時間の目安は、5分+ひっくりかえしてさらに7分)。

実は、れんこんもちのレシピ、保育士さんに教えてもらったもので、作ったのは2回目。
1回目は教えてもらったレシピに忠実に作ったんです。で、作りましたよー、と保育士さんに報告すると、「ゆきごん、あれ、好きなんですよねー」と言ってくれたのですが、そのとき実は自分で味見した時にあんまりできがよくなかったんです。

で、今回は、そのときのやり方を思い出しながら、自分なりにアレンジして作ってみたのです。
1個いただいて、私のお弁当にも持っていってみたのですが、食べてみると、今回はうまかった!
てんさい糖と加熱した玉ねぎの甘みに、れんこんのもっちり・ふんわりした食感がマッチ。(にんじんを入れたのは、中途半端に余ったにんじんをみじんぎりにしたものを使ってしまいたかったから)

何がよかったんだろう?
タピオカ粉の量が適量だったのか?
今回の方が焼き方がうまかったのか?
また、機会があったら作ってみようと思います。

実はれんこんっていろいろ使えておいしいんだよねー♪
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。