プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月23日・朝食 -さわらのレンジ梅煮ー

★ごはん(ササニシキ)
★レタスと春雨の青ジソ風味スープ(レタス、緑豆春雨、大葉、塩、キヌア醤油)
★さわらのレンジ梅煮(さわら、梅干、みりん、純米酒、レタス、大葉)
★レタスともやしとふのりの梅酢サラダ(レタス、緑豆もやし、ふのり、梅酢)

さわらのレンジ梅煮


日本人が魚を食べる量も年々減少してるということですが、いろんな種類の魚肉からたんぱく源を摂りたい我が家としては、もっと魚と仲良くなりたいんです。

で、いくつか、魚のレシピ本を買ってみました。世に、肉料理のレシピは多いけど、魚料理のレシピは少ないのですね。
そこから今日作ってみたのは、「わが家の魚料理(栗原はるみ/扶桑社)」に載っていたさわらのレンジ梅煮というレシピ。
加熱はレンジで3分チンするだけ。おそろしく簡単にできてしまいました。香味野菜のねぎはなかったので、かわりにレタスを投入。しその葉(大葉)はあったので同じように使っています。
見た目もちょっとおいしそう。
まだ食べてないけど、どんな味かしら。わくわく。

ちなみに、朝から魚料理ってちょっと大げさな感じがするかもしれませんが、うちは以下の理由から、朝、魚っていうことも多いです。
・朝食の準備が一番時間をかけられる(ダンナも子も寝てるので)
・アレルゲンとなる食材は夜、食すと、カイカイが体の中に残りやすい(体を動かすと、カイカイも発散しやすいのだそうです)

****************
追記:おいしかったですよ~。
この簡単さでこのおいしさだとぜひレパートリーに入れたいと思っちゃいます。
スポンサーサイト

6月16日・夕食 -切り身キャベツの煮込み-

★キヌア入りごはん(キヌア、ササニシキ)
★カレースープ(大根、ブロッコリーの茎、キャベツ、ウインナーソーセージ、昆布、ローリエ、塩、白ワイン、キヌアしょうゆ、カレー粉)
★切り身キャベツの煮込み(キャベツ、ウインナーソーセージ、大根、ブロッコリーの茎、昆布、ローリエ、塩、白ワイン、キヌアしょうゆ、ケチャップ)
★三菜づけ(かぶ、キャベツ、にんじん、刻み昆布、塩)


切り身キャベツの煮込み


カレースープ


最近は、生協から届くキャベツ、丸ごと1個です。
で、それを消費するためにとる手段が、「切り身キャベツの煮込み」。
ある程度剥いてやや小さくなったキャベツを、ざっくり4等分ないし8等分して、そのままローリエやにんにくで煮込み、ケチャップを乗せて食べる、というやり方。
これなら、キャベツの量が多くても、ぺろりと食べれちゃうので。

今日の夕食も例によってそのやり方にしましたが、スープもいっしょにつくっちゃおうと思いました。
大根やブロッコリーはサイコロ状に切り、キャベツの煮込みにいっしょに投入。あと、肉系のだしもほしい気分だったので、ウインナーソーセージも投入。
キャベツがくたくたに煮込めたら、キャベツとウインナーソーセージ(ふくらんで若干ちぎれてました。ゆですぎっちゃゆですぎです。我が家では全然気にしないけど。)昆布、ローリエを取り出すと、残りは野菜だしスープととサイコロ野菜の具が残ります。これにカレー粉を加えてカレースープにしました。

ということで、夕食の支度に使った調理器具はなべひとつ。
こういう料理法もすこしずつ覚えて行った方がいいかなー、と思う今日この頃です。


6月16日・子どもごはん -ホワイトアスパラのミルクリゾット-

こどもごはん 昼食
★ホワイトアスパラのミルクリゾット
(キヌア入りごはん(キヌア、低アレルギーササニシキ)、ホワイトアスパラガス、赤玉ねぎ、小松菜、塩、ひえしょうゆ、アレルギー用粉乳(ニューMA1)、タピオカ粉、パセリのみじんぎり)

(参考)こどもごはん 朝食
★キヌア入りごはん(キヌア、低アレルギーササニシキ)
★梅入りサラダ(ホワイトアスパラガス、赤玉ねぎ、小松菜、赤貝、梅干、赤梅酢、メープルシロップ)

ホワイトアスパラのミルクリゾット


今日の子どもごはんの食材は、ホワイトアスパラガス、赤玉ねぎ、小松菜。たんぱく源は赤貝。
回転食を実践している我が家では、一日に食べられる食材の数を限っていて、だいたい野菜3点、たんぱく源1点なのです。

で、朝食には、梅入りサラダを作ってみました。意外と梅干が好きみたいなので、おいしいかなー、と思ったのですが・・・。
これが不評。というか、母(私)も同じものを食べたのですが、赤玉ねぎがいがらかった。一応、電子レンジであくぬき(600Wで20秒)したつもりだったのですが、それだけじゃ足りなかったのかも。(ホワイトアスパラは、鍋でしっかり下ゆで。小松菜は電子レンジのオートメニュー「ゆで野菜(葉菜)」で下ゆで。)

昼食はどうしよう・・・と思ったのですが、たまたまアスパラガスのリゾットというメニューが目に留まり、おいしそうだったので、そのアイディアをいただくことに。

手順
1.下ごしらえ済みの小松菜、赤玉ねぎを粗いみじんぎり、ホワイトアスパラは小さめのぶつぎりに切る(要は子どもが食べやすい大きさです)。
2.1を少量の塩とひたひたの水でゆでる。
3.適当なタイミングでひえしょうゆ少量を2に入れる。
4.別カップで、水にアレルギー用粉乳(添付のスプーン1.5杯)とタピオカ粉を溶かし、3に投入。よく溶けるように、しゃくしでゆっくりかき混ぜる。
5.キヌア入りごはん、軽く1ぱいを投入。しゃくしでゆっくりかき混ぜる。少ししたら、火を止める。
6.器に移して、彩りにパセリをふりかける。

母用にも同じものをお米を変えて作ったのですが、まあまあおいしくできていました。
ニューMA1を使うミルクメニューは、失敗も多いんです。粉乳の味にくせがあり、塩加減や水加減を間違うと、「?」という味になっちゃう。
今回はうまくいきました。

子どもは残念なことに昼間はぐずってほとんど食べず。
それで夕食にまわしたのですが、夕食時はぺろりと食べてくれました!

最近は好き嫌いも出始めたわが子。
今後は、おいしく食べてくれるように工夫をこらさなくては、と調理人として決意を新たにしています。

6月13日・おやつ -キャロブマフィン-

★キャロブマフィン(米粉(ゆきひかり粉)、キャロブパウダー、ベーキングパウダー、菜種油、ココナツミルク、メープルシロップ、塩、ドライレーズン)

キャロブマフィン


今日は会社を休んで、うちの子の1歳6ヶ月検診に行ってきました。
一日子どもと過ごすので、おやつを準備せねば、ということで、前から時間ができたら作りたいと思っていたキャロブマフィンを作ることにしました。
レシピは、「アトピーにも安心 100%米粉のパン&お菓子」の本にあるレシピを参考にしました。

マフィン、初めて作ったのですが、びっくりするくらい、理性を失うくらいおいしかったです。(理性を失う=1個でやめとこう、と思ったのに、思わず続けて2個食べてしまった、くらいの意)
子どもも喜んで食べていました。

キャロブはチョコレートやココアの代替として使われる食材です。
また、ココナツミルクも、乳製品のようなコクを出してくれていました。
除去食に慣れた体には、十分素敵な刺激になりました♪

6月9日・朝食 -なんちゃってシーザーサラダ-

★ごはん(ササニシキ)
★残り物スープ(ラディッシュ・ズッキーニ・玉ねぎ・セロリ等)
★なんちゃってシーザーサラダ(ロメインレタス・コーンフレーク・豆腐・かぼちゃフレーク・メープルシロップ)
★ズッキーニとセロリのケチャップ炒め(ズッキーニ・セロリ・こんにゃく・玉ねぎ・にんにく・塩・こしょう・白ワイン・ケチャップ)

なんちゃってシーザーサラダ


ロメインレタスとやらを仕入れてみました。
わが子にいろんな食材を食べさせたいのでね。

で、ロメインレタス。どう使えばいいのかわからなかったので、ネットで検索したところ、ヒットするレシピはほとんど『シーザーサラダ』。
クルトンをのっけて、とか、チーズをのっけて、とか。さらには半熟の目玉焼きをのせるとうまいとか。そんな乳系や小麦系・卵系の素材は使えないじゃん、と思ったのですが、でも、そんなにシーザーサラダが合うのなら、やってみようじゃないか、という気になりました。

クルトン→コーンフレーク
半熟の玉子焼き→かぼちゃフレークでいろづけた炒り豆腐

で、やってみました。
見た目はそれっぽくなったかなー。
あとは食べてみてのお楽しみ。

(準備ができても、みんなが起きてこないので、これを書いてるところなのです。)

***********************
追伸:
結構好評でした。
子も良く食べてましたが、だんなも「ゆきごんがぱくぱく食べる理由もわかるわ~」と言ってました。よっしゃ~♪
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。