プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月27日・常備菜 -大根とセロリの甘酢づけ-

★大根とセロリの甘酢漬け(大根、セロリ、切り昆布、赤唐辛子、塩、梅酢、てんさい糖)

大根とセロリの甘酢漬け


セロリが1本、余っちゃいまして。

(さつまいもと)セロリのポタージュ、ハヤシライス、(ひよこ豆)セロリのスープ、とセロリ料理が続いた後、さあ、何を作ろう!と考えたのですが、このセロリというくせの強い食材、あんまり立て続けに食したいと思う食材でもありません。

ということで、とりあえず、漬けちゃうことを考えました。
そしたら、「早く食べねばプレッシャー」から少しは開放されるので。

で、冷蔵庫をよく見ると、大根もどん!と残っています。
じゃ、大根といっしょに漬けよう。
どう漬けよう?
セロリと大根・・・、甘酢漬けならどっちも合うから、いっしょに甘酢漬けにしちゃえ!

ということで、作ってみました。
参考にしたレシピは、東京マイコープの機関紙「わいわい」2007年2月号に載っていた「大根の甘酢漬け」というレシピです。
オリジナルとの違いは、材料にセロリを追加、昆布→切り昆布に変更(切り昆布のほうが千切りにする手間がかからないので)、ゆずの皮→不使用(家になかったので)です。

3日目くらいから食べられる、とのことでしたので、3日くらい、ポリ袋に入れて冷蔵庫でほったらかし。時々、上下を逆にひっくり返したりはしましたけど。

で、できあがり。
今はご飯の友として、ぽりぽりゆっくり食べてます♪
大根とセロリの組み合わせは悪くなかったです。でも、やっぱりセロリがもともと苦手な人にはきついかな~?
スポンサーサイト

9月27日・昼食 -さつまいもコロッケ-

★ごはん(ササニシキ)
★ほっけのソテー(ほっけ、お米のからあげ粉、千切りキャベツ)
★さつまいもコロッケ(さつまいも、りんご、キャベツ、ヒヨコ豆、アスパラガス、塩、ビーフン、とんかつソース)
★ごぼうとニラの煮物(ごぼう、ニラ、てんさい糖、米醤油、みりん、塩)
★キャベツのカレーマリネ(キャベツ、梅酢、塩、カレー粉)

さつまいもコロッケのお弁当


今日のお弁当です。

実は、いつものお弁当に比べて、豪華です。
揚げ物2種なんて、いつもは考えられません!

ほっけのソテーは、朝食用だったのですが、ほっけが大きく、量が多く作れてしまったので、お弁当にも入れちゃったもの。

で、タイトルのさつまいもコロッケですが。
前日、さつまいもマッシュのサラダを作ったのが余っちゃったんですよね。これまた大量に作ってしまったもので、今日サラダにすると、また~?って感じで、ちょっとうんざりしそう。なので、丸めてコロッケにでもしちゃおう、と思いました。

で、いつもは、コーンフレークをくだいてパン粉代わりに利用していたのですが・・・、そういえばこないだコーンフレークを使い尽くしてしまったのでした。
でも、私の頭の中は、もうコロッケにする気まんまん。
で、思いついたのが、ビーフンを小さく切って種の周りにまとわせてみてはどうか?ということ。

やってみました。
ビーフンをはさみで5mm~1cmくらいにチョキチョキ切り、丸めたさつまいもマッシュのまわりにまとわせてみました。
で、多めに油をしいたフライパンで焼いてみました。

まとわせたビーフンの量が少なかったせいか、一般的なコロッケという感じではないかもしれませんが、でも、ぽりぽりした食感はこれはこれで面白いという感じがする。

ビーフンでコロッケ、また、今度、挑戦してみようっと。

9月24日・昼食 ―ハヤシライス―

★ハヤシライス(アサリ、さつまいも、セロリ、たまねぎ、しいたけ、ケチャップ、ウスターソース、キヌア醤油、塩、タピオカ粉)
★ひよこ豆とセロリのスープ(ひよこ豆、セロリ、たまねぎ、塩、キヌア醤油)

ハヤシライス


今日はハヤシライスに挑戦しました。
「アトピーっ子も安心の離乳食」のレシピを参考に、えび→省略、じゃがいも→さつまいも、しめじ→しいたけに材料を変更(今日食べようと思っていた材料に変更、回転食を実行中なので、その日使える素材を限定しているのです)。
ケチャップ、ウスターソースは、信頼している生協のものや、生協で取り扱っていた安心素材のものです。

ハヤシライスって、もともとそんなに好きじゃなかったんですけど、でもこうやってソースとケチャップといった家に常備しているもので作れてしまうものだったんですね。発見です。

ダンナにはわりと好評でした。
子どもも普通に食べてました。っていうか、こういうメニューを子どもが食べれるってことに、私が感動。・・・ウスターソース、OKなのね(今日、初めて試した)♪

なお、ひよこ豆とセロリのスープ、具の組み合わせは自信があったんだけど、短時間で煮たスープだったのでだしがちゃんととれてるか心配していたのですが、おいしくできてました。

9月17日・朝食 -オーブンレンジで焼きもろこし-

★アマランサス入りごはん(アマランサス・ササニシキ)
★かぶとブロッコリーのお吸い物(かぶ・ブロッコリー・塩)
★キャベツとまいたけの煮浸し(キャベツ・まいたけ・昆布・塩・白ワイン)
★焼きとうもろこし(とうもろこし・キヌア醤油)

焼きもろこし


今日は、とうもろこしとキャベツとブロッコリーで何か作ろう・・・、と思ってレシピをネット検索。
シチューかなんかがヒットするかな、と思ったんだけど、意外とこの組み合わせでは何もヒットせず。
そんななか、美味しいコーンの焼き方なるレシピがヒット。
なんでも丸ごと焼くだけとのこと。
作ってみることにしました。

オーブンレンジのオーブン機能を使って、250度で45分。
温度と時間は、うちのオーブンレンジ東芝のER-D7)の添付のレシピ集の「野菜の丸ごと焼き」を参考にして決めました。
本当にただとうもろこしを皮付きのまま丸ごとオーブンに入れて、スイッチを押しただけです。

で、できたとうもろこし。
見た目は焼き跡もなく、普通につぶつぶがつやつや美しいとうもろこしなのですが、食べてみると、すごーく甘みが強いの。
素材の甘みを引き出すってこうゆうことなのね!という感じの甘さ。
キヌア醤油をかけただけでいただきましたが、おいしかったです。

9月9日・おやつ -ごはんdeナイス(米パン・市販品)-

★ごはんdeナイス エルム(市販品・製造者:(株)おこめ安心食品)

この土曜日に、虎ノ門で「食物アレルギーと給食」のテーマでシンポジウムがあって、参加してきました。
シンポジウムは、え、こんなに食物アレルギー関連の人がいたの?というくらい、人が多かったのですが、関連商品の展示もにぎわっていました。

大手メーカーでは、永谷園日本ハム石井食品などが出展、自然食品・アレルギー専業の会社では、創健社辻安全食品おこめ安全食品等が出展、他に給食会社のレパスト、も出展していました。
で、いろいろ試食しては、ここぞとばかりに食品を購入したりサンプルをもらったりしてかえりました♪(アレっ子ハハをやってると、試食めぐりとか普通にできないし、アレルギー対応商品はほとんど定価販売だし、この状況はかなり嬉しかったです。)
おとうふ工房いしかわあかちゃんせんべいは、アレルギー対応食品にしては、フツーにおいしくって(←これすごい褒め言葉ね)感激でした。

で、今日は、おこめ安心食品さんの「ごはんdeナイス エルム」を食べてみました。
書かれているとおりに、蒸し器で2~4分、あら熱をとっていただいてみたのですが、確かにふわふわでおいしかった!
丸パンなので、子どもでも手で持って食べやすいしね。
値段も手ごろだし、生協とかで定期購入できないかなあ。。。保育園でもパンの日に持っていって食べれそう。
ちょっと気になる商品です。

9月1日・朝食 -甘鯛のおろし蒸し-

★ごはん(ササニシキ)
★味噌汁(大根、長ネギ、ぶなしめじ、キヌア味噌)
★甘鯛のおろし蒸し(甘鯛、ぶなしめじ、茎わかめ、大根(おろし)、酒、みりん、塩、てんさい糖)
★ゴーヤとツナの和え物(ゴーヤ、ツナ缶、塩、赤梅酢)
★納豆(納豆、稗しょうゆ)

あまだいのおろし蒸し


今日は甘鯛を試してみよう、と思っていました。
で、レシピをインターネットで検索しつつ、魚は三枚おろしに。

あまだいの三枚おろし


実は魚をおろすのは初めての経験。(だもんで、記念撮影までしちゃいました^^;)

で、最近買ったお気に入りの蒸し器に、魚&皿をセット。
あまだいのおろし蒸し プロセス1


蒸しているときはこんな状態です。
あまだいのおろし蒸し プロセス2


まあまあおいしかったです。

魚をさばくの、また挑戦したいと思います。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。