プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月23日・昼食 -じゃがいもぎょうざ-

★ごはん(ササニシキ)
★味噌汁(小松菜、レンコン、ひえの味噌)
★餃子(冷凍、宇都宮出張のおみやげ)
★じゃがいもぎょうざ(皮:じゃがいも、片栗粉;タネ:鴨肉、小ねぎ、片栗粉、しょうが汁、塩、てんさい糖)

じゃがいもぎょうざ


ダンナが出張先の宇都宮から、おみやげに冷凍餃子を買ってきました。
それを食べたかったのですが、うちの子は、小麦粉除去しているため食べられません。
そこで、「アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん」を見ながら、じゃがいも餃子をつくることにしました。(とはいえ、タネの内容は、冷蔵庫にあるもので代用したので、レシピとかなり代わっています)

じゃがいもの皮作り。
ゆでたじゃがいもをマッシュし、片栗粉と少量のお湯をいれて、こねこねしていると、ゆきごんがやってきました。生地をぎゅーっと握ると、指の間から生地がむにゅうっと出てくるのですが、その様子がおもしろいらしく「むにゅうっ」と言いながらウケてくれていました。
棒状に伸ばそうとすると、「ゆきごんも!」。「じゃあ、お手手を洗わなきゃね」というと、珍しく素直にしたがっていました。そして、棒状に伸ばすところに手をそえて、自分もお手伝いした気分になってくれていました。
続けて、棒を8等分し、輪切りに。本当は、6等分なのですけど、残りの2個をおもちゃにして遊んでてくれたら、と。ところが、2個で遊ぶ気配なし。(遊ぶなら全部をおもちゃにしたいらしい。)なので、8個の輪切りで次のプレス作業へ。
プレス作業は、クッキングペーパーを敷いたうえに、じゃがいもの輪切りをのせ、そのうえにもう一枚クッキングペーパーを載せ、そして、ボウルのおしりでぎゅっとプレスします。そうすると、じゃがいもぎょうざのかわのできあがり。
ゆきごんも、いっしょにボウルでプレスしてくれて、これまたお手伝いをした気分になってくれていました^^;

ぎょうざの種の方は、鴨肉をバーミックスでミンチにし、小ねぎの輪切りと、調味料と混ぜてできあがり。

そして、包み作業。
ぎょうざのようにひだひだをちゃんと作ろうとすると、皮がちぎれてしまうので、包んで、中身が出ないように指で押さえて、仕上げました。どっちかというとぎょうざというよりラビオリだなー、なんて思いながら。

で、クッキングペーパーを敷いたフライパンのうえで、両面を焼いて、できあがり。
醤油に酢をおとしたたれで食べていただきました。

基本的にはゆきごん用に作ったじゃがいもぎょうざでしたが、ワタシも1つだけ味見をさせてもらうと、もちもちのぎょうざができていました。普通の餃子とはやはり食感が違いますが、これはこれでおいしかったです。

スポンサーサイト

2月10日-おやつ- 米粉のあずきマフィン

★あずきマフィン(米粉(リ・ファリーヌ)、BP、豆乳、メープルシロップ、オリーブ油、塩、「甘納豆」)

あずきマフィン


以前から棚の中に眠っていた賞味期限切れの甘納豆。
ずーっと手作りかるかんを作るときの具にしようとして買っておいたものなのですが、ずーっと長芋を手に入れるチャンスに恵まれず。

そして、同じく棚の中に眠っていた、微妙な分量のリ・ファリーヌ。

そして、賞味期限の迫っている、生協でまとめ買いした豆乳。

これらを一気に消費する手段として思いついたのが、甘納豆入り米粉マフィン。
つい先日、パン屋さんで「金時豆パン」という商品を食べていたのですが、これでいけるなら甘納豆入りのマフィンもいけるはず、とイメージでき。

うふふ。これで、どう消費しようか迷ってた食材たちを一気に消費できました。
しかもおいしい♪
子どもにも、好評で。おやつに作ったつもりだったのですが、見た瞬間(朝食直後)からほしがり。いつもはお行儀がよくないわが子、このおやつを見た瞬間、自らエプロンをつけてと言い出し、自ら椅子に座り、いい姿勢で、「おいしーい、おいしーい」と言いながら、1個完食いたしました。
消費分量はそれぞれ、10個製作したうち、私が4個、子が4個、ダンナが2個という結果になりました。

作り方は、「アトピーにも安心 100%米粉のパン&お菓子」の本を参考にしました。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。