プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月12日・朝食 -さつまいものココナッツミルクスープ-

さつまいものココナッツミルクスープ


★ヒエ入りごはん(ヒエ、ササシグレ)
★さつまいものココナッツミルクスープ(さつまいも、ブラウンマッシュルーム、塩、ココナッツミルク、(昨日の温野菜のゆで汁))
★めかじきのホイル焼き(めかじき、アスパラガス、ブラウンマッシュルーム、塩、こしょう)
★島らっきょう(島らっきょう、塩、醤油、かつおぶし)

めずらしく2日続けて記事を書いちゃいます。

昨日に引き続き、ココナッツミルクを使用(実は缶詰をあけたものが残っているので、ちょっとずつ消費中)。
今日は、さつまいものミルクスープにすることを思いつきました。
昨日の温野菜ディップでできたゆで汁が残っていたので、これをベースのだしに。実は、私、前の料理のゆで汁や煮汁は、よく利用しています。なにしろお野菜のだしがしっかりとれているし、意外なおいしさを発見することがよくあるので。一から作る手間がないので、時間の節約になるしね。

今日のココナッツミルクスープもグ~♪でしたよ。
さつまいもとココナッツミルクって合う!

でも、ダンナには、ちょっと油分が浮いてるって指摘されちゃいましたけど。。。
スポンサーサイト

3月11日・朝食 -温野菜の野菜ディップ-

温野菜のディップ


★ごはん (ササニシキ)
★にらとにんじんの春雨スープ (ニラ、にんじん、緑豆春雨、塩、大豆醤油、ごま油-ごま油はとりわけ後大人の容器にのみ追加)
★温野菜のディップ (にんじん、芽キャベツ、ペコロス、カリフラワー、塩、ココナッツミルク、みそ) 
★メダイのみそ焼き (メダイ、みそ、てんさい糖、純米酒)

生協で頼んだ温野菜セット。チャレンジしてみたのはいいけれど、芽キャベツやペコロスなんて使い方を全く知りません。。。ということで、まずは、添付のレシピを見ながら、温野菜のディップに挑戦。
とはいえ、下ごしらえして、適当に塩茹でしただけなんですけど。。。

ここでよくみるとレシピに紹介されているディップ。材料にプレーンヨーグルトが使われていたり、マヨネーズが使われていたりと、牛乳・卵アレルギーの子がいる我が家にはないものばかり。。。
そこで思いついたのが、ココナッツミルク。ヨーグルトみその代用として、ココナッツミルク味噌を作ってみました。ココナッツミルクと味噌を1対1で混ぜてできあがり。

そして朝食。
最初は、ココナッツミルクの後味が強いなあ・・・と思ったのですが、食べていくうちにちょっとクセになる感じでした。
ちょっとかわった味でしたが、悪くなかったと思います。

3月9日・おやつ -小麦粉のホットケーキ(卵・牛乳不使用)-

小麦粉のホットケーキ


★小麦粉不使用のホットケーキ(ヘルシーハットの「お米で作ったホットケーキミックス」、菜種油)
★小麦粉使用のホットケーキ(薄力粉150g、てんさい糖60g、ココナッツミルク大さじ2、ペーキングパウダー小さじ1.5、塩少々、菜種油22g、水(量忘れたーー;))

今日のおやつは、子どもには米粉のホットケーキミックス(小麦粉不使用)を使ったホットケーキ。
そして、親には普通の小麦粉を使って、卵と牛乳は使わないホットケーキを作ることにしました。賞味期限切れの小麦粉が残っているので、なんとか消費せねば、ということで(子の小麦粉解除をトライしようとしたのですが、結局、いい機会がないまま、賞味期限が切れてしまったのでした)。
米粉のホットケーキミックスは以前に作ったこともあるし、作り方も商品に添付してあって、菜種油と水を加えて混ぜ、焼く、と簡単なのですが、小麦粉で普通に作るホットケーキは作り方を知らない!あ、我が家の場合、基本、卵と牛乳は買いませんので、それらは使わないレシピでなければなりません。
ということで、見つけたのがこちらの「手作りホットケーキミックス」のレシピ。
これを参考にしながら、そして、卵と牛乳は使えないので、そこは、米粉のホットケーキミックスの作り方を参考に菜種油と水を投入して、作ることにしたのでした。

まず、米粉のホットケーキを焼いていたら、通りがかったダンナが、小麦粉のホットケーキの生地を入れたボウルを見て、「ダマだらけ」と一言。その後、もくもくとスプーンでダマつぶしをしたのですが、「泡だて器をつかったら」のダンナのアドバイスを聞いて、再びぐるぐる混ぜ混ぜしていたら、結構短時間の間にしっかり混ざって、ダマも消えてなくなっていました。・・・ツールは利用すべし、ってことですね^^;

さて、米粉のホットケーキミックスのホットケーキは美しい黄色に両面やけたのですが、小麦粉の一から作ったホットケーキは最初に焼いた面は、悪くないんですけど、裏面がぷつぷつの出た面をそのまま焼き固めたような色で、見栄えがイマイチ。
なんかコツがあるんですかね~。。。

うちの子も米粉のホットケーキをすべて食べつくしたのですが、私も同様。
おかげで夕食近くまで胸焼けがしてました。
あ、量が多かっただけで、味はおいしかったですよ!^^;

3月1日・朝食 -米粉レーズン蒸しパン-

米粉レーズン蒸しパン


★米粉レーズン蒸しパン(米粉(ゆきひかり)、りんごジュース、ドライレーズン)
★サイコロスープ(にんじん、大根、玉ねぎ、むきえんどう、塩)

子ども用の朝ごはんです。
大人用は、昨夜作った豆乳鍋にうどんを入れたもの。この豆乳鍋に子どもがアレルギー反応を起こしてしまったので、大人だけで食べきってしまわないといけない。で、今朝は、子どものメニューを別に作ることにしたのでした。

で。この週末、早急に使い切ってしまいたかったのが、りんごジュース。
生協の企画で、ストレート果汁のりんごジュースがあったものですから、思わず注文してしまったまでは良かったのですが、少しずつしかなくならず。賞味期限までには間がありましたが、開封してまあまあ時間がたっていたのです。

そして、冷蔵庫を見ると、これまた早く使ってしまいたいドライレーズン(賞味期限は切れていた・・・)。

この2つの食材を目にしたとき、思いついたレシピがありました。
以前、作ってみたんだけど、簡単でおいしかった気がする・・・。
ということで、こちらの「モチモチ蒸しパン(炊飯器)」のレシピを見ながら、作りました。

このレシピ、何がいいかって、すごーくわかりやすいんです。しかも、超ラクチン。
材料がなんとたったの3つ(米粉、レーズン、りんごジュース)。
しかも、分量が同量(カップ1)。
さらに、作り方。炊飯器の中で材料を混ぜて、早焚きスイッチを入れるだけ。
(途中で、レーズンが沈まないように混ぜる、という工程がありましたが、面倒くさがりの私はこれも無視。)

ただ、今回は、うまく真ん中まで火がとおりにくかったみたいで、ちょっとネトッとしていました。
それで、再び、早焚きスイッチを入れたのですが、焦げ目が強くついただけで、ねとっとしたところは残ったまま。
ついでに裏返して、焼いてみたのですが、結局、ちょっとネトネトした感じはなくなりませんでした。
前回挑戦したときはうまく焼けたと思ったんだけどなー。

そして、本日のわが子は普通においしく食べてました。
残りの半分はおやつにしよう、と思っていたら、パパが別のおやつをあげてしまったので、切り分けて、ラップで包んで、冷凍保存。

そして、りんごジュースと、ドライレーズンは、ちょうどきっちりなくなってしまったのでした。ばんざーい!
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。