プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月31日・夕食 -手打ち米粉うどんで芋煮うどん-

★芋煮うどん
  芋煮(里芋、豚肉、まいたけ、長ねぎ、こんにゃく、純米酒、てんさい糖、ひえのみそ、あわ醤油)
  うどん(米粉、塩、片栗粉)

芋煮うどん

実は。
本日は朝から芋煮でした。
参考にしたレシピは、生活クラブ生協のカタログ「Lively2008年43週号」に載っていた「いも煮鍋庄内風」。
これが見た目おいしそうで。
生協への注文時から密かに狙っていました。

そして、夜。せっかく2度目の芋煮は工夫して食べたいじゃない?
そして、カタログのレシピでも、2度目はうどんを入れて、3度目はカレールーを入れて、味わおう、等と提案している。
もう、ワタシとしては、うどんが入れたくて入れたくて。
でも、今、我が家には、小麦でできた乾燥うどんと、小麦アレルギーのわが子が食べれる細麺しかないのよ(ゆきひかりの麺、あわ麺等)。
ぜひ、子どもと食べたい。しかも、どっしりした麺で食べたい。
・・・で、思ったのは、作っちゃえ!ということ。
むかし、あるアレルギーっ子のお母さんのblogで、手作りうどんを食べさせたお母さんがいることをずっと覚えておりまして。いつかはチャレンジしたいと思っていたのです。

ということで、作り始めました。
作り方がわからないので、ネット検索。このサイトを参考にすることにしました。
(あとで元レシピを見て気づいたのは、「中力米粉」で作るレシピだったのね。。。「中力」って何?と気になってはいたものの、改めて見てみると、なんと「グルテン」添加米粉ということでした。
「グルテン」が入ると、取り扱いはラクになるそうですが、小麦アレルギーの子は一般的にこの「グルテン」に反応するので、うちの子には使えないんですよね~)

私の分量は、米粉150g、塩3g(今見ると明らかに多い。というのは、元レシピでは1.3gと書かれているのが、13gに見えたからなのよ^^;)。そして、後で思いついて片栗粉を投入。計量しなかったけど、気持ち、それまでの粉の分量の5分の1って感じかな?(ということは30gくらい?)
で、お湯を入れて(最初はレシピから計算した90gを用意して、少しずつ投入したんだけど、明らかに足りない。結局目分量でこねこねできそうなくらいまで追加投入しました)、こねること4分。
そして、寝かせること、20分。
そして、麺棒で伸ばして、適当に包丁で切ってみました。(まな板の上で伸ばして切ったのですが、まな板の上に打ち粉をかけてから作業しないと、生地がまな板にくっついて、悲惨な目にあいそうです。うちの場合、3周目くらいから打ち粉が効かなくなって、多少やばかった。)

ということで、できあがった乾麺は、こんな感じ。短め・太めですが、意識してそのように作ってみました。
米粉手打ちうどん

いや、ドッキドキですよ。
ぷちぷち切れるんじゃないか?とか、思いつつ、慎重に慎重に取り扱いました。

いざ、ゆでます。
本当は、芋煮に直接ぶちこんでゆでても良かったのでしょうが、芋煮の中でうどんが空中分解して、ただのどろどろの米粉汁になってしまうことを恐れて、別鍋で2分間ゆでることにしました。
で、そのうえに、芋煮を汁ごとかけて完成としよう、と。

ゆであがりは、こんな感じ。
米粉手打ちうどん、茹で上がりバージョン
ぷちぷち切れたところも少しはありますが、思ったよりは丈夫だったので、一安心。

さて、いっただきま~す♪

なんというかね、「もちもち」でした。
さすが米粉。もちのもと。
でも、腰のあるぶっというどんが芋煮にはぴったりだと思ってたので、ある意味狙い通り。

そして、わが子は、「おいしい♪」「ありがと~♪」と繰り返し言いながら、一人で食べていました!
(わが子、おいしい食事は、一人で食べるが、イマイチの食事は、ワタシのひざの上に来て、食べさせてもらいたがる)
もう、手作りした甲斐がありましたよ。
やっぱり、食べてくれる人が、おいしがって食べてくれるのが、作り手には何よりの報酬ですもんね
スポンサーサイト

2008年10月26日・おやつ -いきなりまんじゅう-

★いきなりまんじゅう(ゆきひかり米粉、塩、さつまいも、レーズン、くるみ)

いきなりまんじゅう

私のお気に入りレシピ集「野菜だけ?」に載っている「コロコロ蒸しまんじゅう」というレシピを元に作りました。
但し、元のレシピは小麦粉を使っていますが、そこは米粉に代替。

きっかけは、冷蔵庫に、半端な量のレーズンとくるみが残っており、また、早く消費すべきさつまいもがいっぱいあったから。
調べてみると、このレシピを作るにはうってつけの残り方だったので。
それに休みの日、時間に余裕があるときはできれば手作りおやつを作ってあげたい。わが子がお手伝いできるものなら、尚良し、って感じですね。

ということで、さつまいもを角切りにし、材料をそれぞれを適量ずつ器に入れて、ちゃぶ台へ移動。
ボウルに材料を入れるところは、わが子にやらせてみました。
それからこねこねも、ま、メインは私ですけど、ちょっと手をつけさせてみました。
丸めるのも、最後力を入れてぎゅっとするところはお手伝いしましたが、わが子にもやらせてみました。

このレシピ、とにかく、簡単!
というか面倒がない。
お菓子レシピって、工程が複数に渡るものが多いけど、これは、切って混ぜて成形して蒸すだけ。
下準備がほとんどないのが嬉しい。

20分蒸し、そのあと20分放置(子どもには蒸したては熱いから)。
おやつに食べました。
もちろん、子どもも喜んで食べてくれました。
よかった♪

その翌日も「きょう、いきなりまんじゅう、つくる~♪」と言うくらい。
・・・ていうか、次回くるみとレーズンを仕入れるまでお待ちください(^^;)。

2008年10月19日・昼食 -ピーマンの魚肉詰め弁当-

★おにぎり(ササニシキ、まんまぱっぱふりかけ(大根葉)、しらす、のり)
★ピーマンの魚肉詰め(ピーマン、あじ、しょうが、長ネギ、さつまいもパウダー、さごやし粉、てんさい糖、キヌア醤油)
★ウィンナー(ウィンナー、ケチャップ)
★にんじんのグラッセ(にんじん、キヌア醤油、てんさい糖)
★ほうれん草のおひたし(ほうれん草、キヌア醤油、しらす)
★なすの煮物(なす、てんさい糖、キヌア醤油)
★レタス

ピーマンの魚肉詰め弁当

本日は日曜日なので、家族でお弁当持っておでかけすることにいたしました。

こないだ初の保育園べんとうを作ったこともあって、ちょっと見栄え、意識しちゃいましたよ。
またしても、「アレルギーっ子のためのたのしいかわいいお弁当」、参考にしまくりです。
記念写真もパチリ。お弁当を毎日blogにアップするお母さんの気持ちが少しわかってきたような・・・。

星の型抜きしたにんじんは、「これ、ゆきごんの」と確認する場面もあって、子どもに好評でした。

ちなみに、おにぎりは、別にアルミホイルに包んで持っていったので、写真には写っていません。

2008年10月17日・夕食 -千切り長ネギのとろみスープ-

★ごはん(低アレルギー米ゆきひかり(子)、ササニシキ(大人))
★千切り長ネギのとろみスープ(長ネギ、えのき、枝豆、ライスペーパー、塩、純米酒、あわ醤油、なたね油)
★鮭の漬け焼き(秋生鮭、あわ醤油、てんさい糖、純米酒)
★パスタサラダ(キャベツ、きびめん(子)、スパゲッティ(大人)、すだち、塩、パセリ、バジル、鎌倉ハム社のウインナーソーセージ)

千切りねぎのとろみスープ

珍しくスープがおいしくできたので、メモしときます。

このスープは、「野菜だけ」のレシピから拝借したもの。
っていうか、作り方を見ながらじゃなくて、今回は覚えだけで作りましたが。

まず、長ネギを千切りにしてスープ鍋に入れ、なたね油(ごま油だとなお風味が出るかも)で炒めて香りが出て、ぐったりしてきたら、水と塩を入れて、火にかけます。
えのきも、3分の1くらいの長さに切って、ほぐして投入します。
適当なところ(沸騰しかけた頃に入れたかな)で、純米酒とあわ醤油(もちろん、普通の醤油でも他の醤油でもよいと思います)を投入。
で、しばらく弱火で放置。
枝豆はさやから豆を出して投入。
ライスペーパーは2分の1枚を、3cm×3cmくらいの大きさにの三角にはさみで切って、投入。
で、さらに、少しの間、弱火で放置。
で、できあがりです。

おいしかったです。
どのくらいおいしかったかというと、うちの子が一人でスープを食べてたくらい。
(うちの子、スープ嫌いで、いつもほとんど手をつけないんです。食べるとしたら、私があーんしてあげたときに、「しょうがないなあ」という感じで口に入れる程度)

スープは、だしがでる食材を入れること、時間をかけて弱火で放置すること、あと、塩加減を工夫することがコツかなあ・・・。
とかいって、スープ作りが苦手な人なんで、あんまり偉そうなことはいえないんですけど。

今日は、他の料理も「野菜だけ」や「アレルギーっ子のたのしいかわいいお弁当」を見ながら作りました。
やっぱレシピどおりに作るとおいしくできますよ。見ながら作るので、見ないで適当に作るのと比べると時間はかかっちゃいますけど。
あんまり我流ばかりでやると、おいしい組み合わせを忘れて、仕事・仕事という感じになっちゃうので、たまには定評あるレシピを見ながら作った方が良いですよね。

あと、今日のレシピの鮭は、生協から届いた旬の生秋鮭というヤツです。
今の季節しか味わえない、という言葉に惹かれて、思わず注文しちゃったもの。
カタログによると、「鮭は北海道や東北地方の河川で生まれ、北太平洋を回遊して3~5年で母なる川へ産卵のために戻ってきます。この時期の鮭は「秋鮭」や「秋味」と呼ばれ、日本人が親しんできた季節の贈り物です」「なかでも川をさかのぼる直前に漁獲した鮭は銀色に輝くその魚体から「銀毛」と呼ばれ、良質な鮭とされています」「「銀毛」のなかでも特にオスのみに限定。切り身加工にして、塩漬けや冷凍にせずに新鮮なうちにお届けします」とのこと。何か、読んでるだけでおいしそうかも、と思っちゃいました。岩手県船越湾沖の定置網で漁獲したものだそうです。
ありがたくいただきました♪冷凍したものに比べると、身がやわらかくておいしかったです♪

2008年10月14日・夕食 -しじみ炒め-

★納豆ご飯(ササニシキ(大人)、低アレルギー米ササニシキ(子ども)、納豆、大豆醤油)
★豆腐の味噌汁(玉ねぎ、豆腐、とろろ昆布、味噌)
★しじみ炒め(しじみ、長ネギ、しょうが、にんにく、大豆醤油、菜種油)
★切干大根の煮物(切干大根、にんじん、大豆醤油、てんさい糖)

しじみ炒め

晩御飯のたんぱく源、何にしようかなー、と冷凍室を覗き込むと、いっしょに冷凍庫を覗き込んだわが子、「これにするー」と、しじみをリクエスト。
しじみ!?なぜ、よりによってしじみ?

しじみは(小さくて食べにくいし、料理に使うと言えばお吸い物くらいしか思いつかないので)使いにくい食材だなーと思いつつも、うちはなるべくいろいろな食材を食べさせたい方針なので、たまには注文してみるか、と注文したもの。
半分を朝食のお吸い物にして出してみたところ、ダンナからは、「朝の忙しいときにしじみ汁にするな」とブーイング。
その残り半分が未だ冷凍庫に残っている・・・。

で、この日の夕食。味噌汁は朝の残りがあるし、もう一品は、戻した切干大根があったのでそれを煮物にしようというイメージがあった。
ということは、もうひとつのたんぱく源は、それが主役の一品料理、というイメージ。
しじみで汁物以外になんかできるのか?
と思いつつ、わが子に「しじみでなきゃだめ?」と確認すると、「このおさかなにするの!」と意見変えず。・・・って第一、おさかなじゃないですから(ーー;)。貝ですから。

ということで、困ったときのインターネット検索。
たどり着いたのはこのページの「中華風しじみ炒め」。
いや、しぐれ煮もおいしそうだと思ったんだけどね。油も使わないし。そう思って、わが子にたずねたら、「だめ!」。
「じゃ、しじみ炒めは?」と聞くと、「それにする」。
・・・あんた、わかってるんかい!?(どっちも食べたことないじゃん!)と突っ込みを入れそうになるのですが、それは抑えて。

まあ、納豆ご飯にしようというイメージもあったので、しぐれ煮だと、ごはんにのっけるものばかりが増えちゃうイメージなので、炒め物でもいいかなー、と思って、このレシピを参考に炒め物にすることにしました。

レシピにあるオイスターソースと豆板醤は、家になかったし、子どもに積極的に食べさせたいものでもないので、省略。
ベースが、長ネギ、しょうが、にんにくの炒め物なので、風味はしっかりついています。

まあまあ、おいしかったですよ。
いちいち殻をとりながら食べるので、やっぱり食べにくかったですけど。
子どもには、殻をとってあげると、一気に食べてしまいました。

2008年10月某日・お弁当 -巻き寿司とお花畑ウインナーのお弁当-

★巻き寿司(低アレルギー米のササニシキ、赤梅酢、にんじん、きゅうり、ごぼう、オリーブ油、大豆醤油、そうめんかぼちゃ、のり)
★ウインナーのお花(ウインナー、コーン)
★ほたてのさっと煮(ほたて、メープルシロップ、大豆醤油)
★芋金時(さつまいも、メープルシロップ、レーズン)

巻き寿司とお花畑ウインナーのお弁当

わが子、保育園で、初めての遠足ですよ。
そして、ワタシ、保育園に持たせる、初めてのおべんとうですよ。

いやいや、悩ましいものですね。
先輩bloggerさんたちが、うちのおべんとうなる記事をアップするのを見て、そんなに力を入れるものなのかな、なんて思ってたのですが、自分の番になってその悩ましさがわかりました。
お弁当自体は自分用に毎日作ってるんでそんなにたいしたことでもないんじゃないの、と思ってたのですが、やっぱりね、子どものお弁当は、「見られるプレッシャー」ってあるんですね。
やっぱり、保育士さんに覗き込まれたときに、「おいしそうだね~」「楽しそうだね~」のような前向きなコメントをいただきたい!(こんなことは決して言うような人じゃないんだけど)「ちょっと地味だけどね~」なんて言われた日にゃあ。

アレルギーっ子のためのお弁当レシピの本を2冊買い、トーマスランドでお弁当グッズを買い込み、準備の準備も必要でした。

お絵かき弁当みたいなのにしなきゃいけないのかな~、なんて思ってたのですが、前日になって、遠足のしおりを見てみたら、「つまみやすいおにぎりみたいなものがいいですね」と書かれているではありませんか」。
そこで急遽、お絵かき弁当は却下して(内心助かった~、と思いつつ)、巻き寿司に変更することにしました。実は、その前日、うちの子、まきすを見て、「これ、ながいおにぎりをつくるやつ~」とのたまったのを聞いて、なるほどな~、と思ってた経緯があり、おにぎりがOKなら、巻き寿司もOKやろ、と思いついたのでした。

それ以外のおかずは、結局、「アレルギーっ子のかわいいたのしいお弁当」の本に頼りっぱなしになりました。
アレルギーっ子のたのしいかわいいお弁当アレルギーっ子のたのしいかわいいお弁当
(2008/03/22)
清水 美希

商品詳細を見る


で、園からの報告では、うちの子、一瞬でお弁当を食べつくしたとのこと。

その日の夜、おばあちゃんへの電話の中で、「きょう、どうぶつえん、いったの~」「おべんとう、たべたの~」とお話したことと考え合わせると。

まあ、初めてのお弁当は成功、と思っていいかな♪

2008年10月2日 朝食 -焼き甘長とうがらし-

★ごはん(ササニシキ(大人用)、Aカットライス(子ども用))
★玉ねぎとわかめの味噌汁(玉ねぎ、わかめ、ひえのみそ)
★あんかけ風(ほたて、小松菜、パプリカ、玉ねぎ、てんさい糖、あわ醤油、コーンスターチ)
★焼き甘長とうがらし(甘長とうがらし、玉ねぎ(大人用のみ)、普通の醤油(大人用のみ)、あわ醤油(子ども用のみ)、かつおぶし)

焼き甘長とうがらし

甘長とうがらし、なぜか2週続けて注文してしまいました・・・。
長いピーマンみたいな形・色。たまに、ピリっと辛い「アタリ」があるのです。
ピーマンと同じように使えるかな、と思いきや、パプリカ系の甘みに乏しく、少し苦味があるので、さりげなくおかずに混入するのは難しそうな食材です。

で、困ったときのネット検索。そこでひっかかってきたレシピがこれ
ちょっとおいしそうかも、と思って、試してみました。

甘長とうがらしは焼きます。レシピではトースターで、とあるけど、うちにはトースターはないので、グリルで5分ほど加熱しました。
で、焼いた甘長とうがらしを乗せた皿の上に、さらに薄切り玉ねぎの冷水さらしを乗せます。子どもには生の食材をまだ与えていないので、抜きました。(時間があれば、レンジ加熱して投入する、という手もあった。でも、手順を間違えて、子ども用の薄切り玉ねぎをおとりおきしておくのを忘れちゃったのよ~(泣))。
その上に、かつおぶしをたっぷりかけて。
醤油は、取り分けた後にかけるので、大人用は普通の醤油を、子ども用はあわ醤油をと、使い分けることができました。

これがおいしかったのです。
くせのある食材なのに、ばりばり食べれてしまった。
ちなみに、子どもも一番に手をつけてたし、さっさと食べつくしてましたよん。

ちなみに、今日の裏テーマは、「玉ねぎ」。
味噌汁にはゆでて、あんかけ風には炒めて、焼き甘長とうがらしには生で、と調理の仕方を変えて、2菜1汁すべてに投入してみました。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。