プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月28日・夕食 -キャベツとしいたけの煮浸しスープ-

★ごはん(ササニシキ、きび)
★キャベツとしいたけの煮浸しスープ(キャベツとしいたけの煮びたし(キャベツ、しいたけ、昆布、塩、白ワイン)、おろしスープ(大根、玉ねぎ、株とりなめこ、塩、あわ醤油)、くずきり、あわ醤油)
★根菜のカレー煮(かぼちゃ、にんじん、大根、しいたけ、カレー粉、てんさい糖、塩)
★スモークサーモンのサラダ(スモークサーモン、玉ねぎ、きぬさや、(←それぞれ電子レンジ加熱);ドレッシング(てんさい糖、あわ醤油、赤梅酢))
★のり
★みかん

うふふ。わたくし得意の、残り物料理でございます^^
前日の残り物2品(キャベツとしいたけの煮びたし、おろしスープ)をベースに、くずきりをいれてスープを作っちゃいました。
キャベツとしいたけの煮びたしは、「野菜だけ?」に載っていた料理。我が家ではキャベツを消費したいときに定番料理です。シンプルだけど、野菜のうまみがしみじみ味わえます。
で、なんだか麺が食べたい気分だったんです。
思いついたのは、緑豆春雨。でも、今、切らしてるし。何かないかな~、と思ってたら、ありました。くずきり。
乾物の麺系の中でもくずきりってちょっと使いにくいイメージがあったんですけど、なんかものすご~く合いそうな予感がして、作ってみることに。
くずきりをゆでて20分。
そして、昨夜の煮びたしを汁ごといれて、微妙に残ってたおろしスープも入れて。少し水を足して。
煮立ったら、あわ醤油で味を調整して。でっきあがり~♪

おいしい!絶妙においしい!
なんというのか、派手なおいしさじゃないです。個性的な調味料で味付けしたような味ではなく。
しみじみおいしい。ほっとするようなおいしさ。

スープがイマイチ好きではない我が子にも勧めてみたところ、他の料理がなくなった後で手をつけていました。
でも、自分でくずきりを食べてたので、やっぱりおいしかったんだと思います。(イマイチな料理は、自分で、ではなく、私を介して食べようとするので)

ご参考までに写真です。
この日残ったものを、翌日に撮ったので、かなりしょぼく見えますけど。
メインだったはずのキャベツがほとんどなくなってるし。
くずきりのスープ

スポンサーサイト

2008年11月22日・朝食 -手作り食パン-

★パン(大人用;強力粉、塩、てんさい糖、白神こだま酵母;子ども用;『笑みの米パン』)
★A-1マーガリン
★スープ(大根、桜海老、えのき、ひよこ豆、しょうが、塩、あわ醤油、純米酒)

実は、これ、時間がたってから記事にしています。
私にとって、パンを作るっていうのは、ちょっとした非日常なので、記録を残しとかねば、みたいな。

初めて家で小麦粉の食パンを作りました。
もちろん、本を見ながら、です。

できあがりはこんな感じ。
食パンできあがり

手作り食パン

パウンドケーキ型を使ったので、小さいです。
(だって、普通の食パン型って買っても、超まれにしか使わないはずだから。)

作成には時間がかかりました。
朝早くおきて作り始めたのに、朝食もちょっと遅くなってしまいました。
ちょっと耳の部分が想像以上にぱりぱりしてて硬かったです。

2008年11月16日・朝食 -青きなこの蒸しパン-

本日は失敗の記録をば。

★青きなこの蒸しパン(ホワイトソルガム粉(子ども用、大人用には強力粉を使用)、青きなこ、プルーン、塩、てんさい糖、B.P.)
★玉ねぎとえりんぎのしょうがスープ(玉ねぎ、えりんぎ、塩、米しょうゆ、しょうがエキス)
★じゃがいもの変わり炒め(じゃがいも、塩、こしょう、バジル、(前日の夕食「ぶりのりんご蒸し」で残った玉ねぎとりんごのみじん切り))
★ゆでウインナー(ウィンナー)

青きなこ蒸しパン

現在、我が家では、食材一掃セール実施中、なのです。なるべく食材を購入せず、冷蔵庫や戸棚に眠っている食材を使い尽くしてしまおう、という、年末前のキャンペーンを行っております。(年末になったら、年越しの食材が増えるので、その前にね。)
で、実は賞味期限の切れた青きなこと、賞味期限の切れた強力粉が残っておりまして。
それをなんとか使おうということで思いついたのが、青きなこを使った蒸しパンです。

レシピは手元にあった「アトピーに負けない!森さんのレシピ」を参考にしました。
(・・・とか言って、これ、材料が相当違う。参考にするのに無理があったんだと後で思うのですが)
さつまいもパウダーのかわりに青きなこを。雑穀粉はあわ粉のかわりにホワイトソルガム粉または強力粉を、みたいな。
トッピングは、レーズンがないのでかわりにプルーンを。ホワイトソルガム粉バージョンには、細かく刻んで投入し、強力粉バージョンは、面倒くさかったので、大粒のまま1カップ一個ずつ、どんっと真ん中に。
蒸し時間はホワイトソルガム粉バージョンは15分。強力粉バージョンは20分。

で、できあがったもの(強力粉バージョン)を食べてみたところ、・・・重い!
なんだかずしっとしすぎているような。
マフィンカップが、大きかったのか?(妙に迫力あり)
B.P.が足りなかったのか?(ふんわり感なし)
青きなこの色みが合わなかったのか?
蒸しパンってこんな感じでしたっけ??

夕方おやつで残ったものを食べたときはそこまでひどく思わなかったんですけど、朝、食べたときはまずいもの作っちゃったかな、と思いました。
ホワイトソルガム粉バージョンをつまみぐいしたときは、それほど食べにくく感じなかったですけどね。それも、プルーンのトッピングのおかげなのかもしれません。
蒸しパン作りは簡単だけど、適当においしく作るのは意外と難しいかも?

さて、本日の朝食は、もうひとつ記録しときます。それは「じゃがいもの変わり炒め」。
じゃがいもの変わり炒め

さちまねき得意の『残り物リサイクル料理』です♪
前日の残り物は、「ぶりのりんご蒸し」。炒めたりんごと玉ねぎのみじんぎりの中に、ぶりの切り身を投入して蒸すものなのですが(「卵・牛乳・油を使わないおかず」参照)。
それで残ったみじん切り。じゃがいもを炒めたものにあうはず、と思いました。だって、玉ねぎですよ。りんごですよ。
で、薄切りにしたじゃがいもをオリーブ油で炒め、塩・こしょうで味付け、そして、じゃがいもだいたい火が通ったら、残ったみじんぎりを投入してさらに炒め、最後にバジルをトッピングです。

これはダンナに好評。
子どもは残しましたけど。。。(写真は子どもの残り物を撮ったもの。ダンナにそんなに好評だと思わなかったので、食べる前に写真を撮っていなかったんですよ。。。)


 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。