プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月26日・朝食 -レタスとさといものお好み焼き-

★レタスとさといものお好み焼き(レタス・さといも・豚肉・米粉・塩・<子ども用>中濃ソース、<大人用>お好み焼きソース)
★春菊とジャンボマッシュルームの洋風スープ(春菊・ジャンボマッシュルーム・玉ねぎ・塩・白ワイン・ローリエ・大豆醤油)

ふっふっふっ。20日にレタス記事を書きましたが、この日もまだレタスが残っていました。もちろん当初に比べれば、ずいぶん小さくはなっていますが。
で、思いついたのが、レタスの千切りでお好み焼きを作ること。普通は、キャベツですけどね。レタスだとよりシャキシャキ感の強いお好み焼きになるかな、と思い。

そして、さといも。これも、小さなさといもが数個、微妙に残っておりまして。
さといもも、お好み焼きに入れちゃえないかい?
いえ、さといもっていうと最初に思いつくのが和風の煮物ですが、意外とグラタンとかにも合うし、スライスして炒めてもホクホクおいしい素材なのですよ。お好み焼きにもなんとか合うのでは?
それに、やまいもってお好み焼きにすりおろしていれますよね。さといもだって、ぬめぬめいものつながりで、なんとかならないかい?
そう思って、ネット検索してみると、さといものお好み焼き、いくつかひっかかってきました。やりかたは、おろして入れる、というものもあったのですが、手元のさといもは小さいものだったので、おろすと怪我をしそう。それで、電子レンジでチンして、つぶす、というやり方を採用しました。

ボウルに千切りレタスを入れ、米粉に塩を混ぜた粉を水でのばしたものを入れてぐるぐるかき混ぜ、つぶしたさといもを投入して、さらに混ぜて、生地にしました。
そして、フライパンを熱して、まず、豚肉を裏表焼き、そこに生地を一気に流し込み。いえ、本当は、人数分の3つに分けて焼く方がよいのでしょうけど、何しろ、平日の朝、それまでの準備ですでにタイムオーバー気味だったので。。。
そして、ふたをして5分(途中から弱火にします)。ふたをとってみると、なんとなく、お好み焼きらしくなっているではありませんか。でも、上手にひっくり返すのは難しそう・・・っていうか、不可能そう。
でも、なんとか、ひっくり返して、再び、ふたをして5分。で、加熱終了です。
だいたい3つに分けて、お皿に盛り、大人用にはおたふくのお好み焼きソース、子ども用には原材料のよりシンプルな中濃ソースをかけてできあがりです。

結構、もっちり、ほくほくしてて、おいしかったです。
ていうのか、たぶん、さといもが大成功だったと思うのですよ♪
ワタシとしては、残り物を組み合わせて、おいしいものが作れたので、満足、でした。

ちなみに、スープについてもコメント。
生協で、ジャンボマッシュルーム、というのを買っては見たものの、使い方がわからず。それで、スープに入れてみた、という感じなのですが、だんだん、洋風スープの香りが漂ってきたのですよ。最初は、和風のスープになるかと思ったのですが、ここまで、洋風の香りがするのならしようがない、と白ワインとローリエで香り付けをし、最後、醤油で味を調節してできあがり、としました。
こちらもパパにまあまあ好評でしたよ。
スポンサーサイト

2009年1月25日・おやつ -ブルーベリー米粉マフィン-

★ブルーベリー米粉マフィン(米粉、BP、豆乳、メープルシロップ、なたね油、桃ジュース、塩、冷凍ブルーベリー)

本日は行楽の日。
帰り道、子どもが空腹で悲しい思いをしないようにと、米粉マフィンを作って持っていくことにしました。

で、レシピ本「アトピーにも安心 100%米粉のパン&お菓子」にある、「ベリーベリーマフィン」を参考に、作ってみました。オリジナルレシピは、ブルーベリーとラズベリーなのですが、家にあるのは冷凍ブルーベリーだけなので、ブルーベリーマフィン、ということで。
あと、オリジナルレシピでは、りんごジュースだったのですが、冷蔵庫の中にはりんごジュースよりも桃ジュースが豊富にストックがあったので、桃ジュースで作ってみることにしました。

そして、粉を混ぜて、液体を混ぜて。半解凍状態のブルーベリーを混ぜて。おお、なんとなく、それらしい色になったじゃありませんか。

で、紙のマフィン型に入れて、予熱したオーブンで160度25分。

で。

で。

焼きあがったマフィンを見てびっくり。
だって、とってもまずそうだったんだもん。
アオカビが生えているみたいな色。。。

え。ワタシ、何か失敗しました?
と、一口食べてみると・・・、あら、味は行けるじゃなーい?

ということで、きっと、オリジナルレシピが「ベリーベリーマフィン」だったのは、ブルーベリーだけだったら、こういう色味になるのがあきらかだったから、ラズベリーとの組み合わせで作るのかも、と思いましたわよ。

結局、行楽の帰り道、子どもは寝てしまい、ダンナが1ついただいていました。一口めを食べた感想は五段階評価で「3.2」。食べ終わったあとでの感想は「3.8」。と言っていました。
まあ、そこそこってことかしら?
でも、見た目のおいしさって言うのも重要だしねえ・・・。
レシピに忠実に作らないと、たまにこんな目に合う、というお話でした。

2009年1月20日・朝食 -ハムと千切り野菜のサラダ-

・納豆ご飯(ササニシキ・納豆・大豆醤油)
・レタスと玉ねぎの味噌汁(レタス・玉ねぎ・わかめ・塩・味噌・大豆醤油)
・ハムと千切り野菜のサラダ(ハム・もやし・にんじん・水菜・てんさい糖・りんご酢・大豆醤油)
・ひじきとレタスの炒め物(ひじき・レタス・ピーマン・ごま油・菜種油・大豆醤油)
・ラ・フランス

この日の朝食のテーマは、「レタスを食べよう!」でした。
だって、数日冷蔵庫にほとんど手付かずのレタスが眠ってたんですもの(笑)。

すべての料理にレタスをちょっとずつ使おうと思っていたので、それぞれ調理法を変えて、同じレタスでもちがった表情を見せて、飽きないようにしてあげたいところ。
そこで、スープの具、サラダ、炒め物、の3つの調理法を採用することにしました。

スープ(結局味噌汁にしましたが)の具には、玉ねぎとわかめ。この2つだと、それだけでばっちり味噌汁の具!という感じだと思うので、これに、なんとなくレタスをちぎって加えました。そもそも、レタスと玉ねぎ、レタスとわかめ、それぞれ相性は悪くないはず。

サラダは、にんじんとレタスは千切りにし、もやし・水菜はそれぞれ適当な長さに切って、すべての野菜を棒状に揃えました。
にんじん・もやし・水菜は、それぞれ電子レンジで加熱調理。
お皿には、まず、6分の1に半月っぽく(?)切ったハムを並べて、そのうえに、野菜を散らすように盛り付けました。
パパは、最初味付け無しの状態で食べ、おいしい、と言っていたのですが、用意したドレッシングをかけると、(それが甘いので)合わなくなったとぼやいていました。どうやら、もともとハムについていた塩味で、おいしくいただけていたようです。この盛り合わせ方だと、食べる側は、ハムと野菜をいっしょにつまんで食べることが多いので、野菜に味付けをしてなくても気にならなかったのかもしれません。

ちなみに、サラダの残りの具、夜は、大人用には、ライスペーパーに巻いて、スイートチリソースを付けていただきました。この食べ方だと、あっという間に野菜が食べれちゃいますよ^^
子供用には、ライスペーパーをちぎって、無造作にならべた野菜の上に載せ、朝と同じドレッシングをかけて出しました。

炒め物は、ごま油とサラダ油に、味付けは醤油だけ、というシンプルな味付けの炒め物です。ただ、ごま油自体がうまみがある油なので、大人も満足、という感じでした。ピーマンも、数日冷蔵庫に残っていたものがあるので、使ってしまわねば、とばかりに投入しました。

パパもおいしかったと言ってました(無理やり言わせたとの説もあり^^;)。
でも、1種類の野菜をたくさん食べたいときでも、こんなふうに調理法を変えて出すと、飽き飽きせずに食べることは可能なんですよ^^
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。