プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月20日・夕食 -オクラとマイタケとツナの和風スパゲッティ-

★オクラとマイタケとツナの和風スパゲッティ(オクラ、マイタケ、ツナ、かつおぶし、のり、塩、ひえしょうゆ、みりん、酒、スパゲッティ(大人用)、きび麺(子ども用))
★洋風スープ(キャベツ、にんじん、玉ねぎ、塩、ブイヨン(25品目不使用))

夕方、帰宅して。
きゃー、ごはんを炊き忘れてた!
きゃー、冷蔵庫の中のお野菜の種類があまりに貧弱!
というときに、なんとかひねりだした一品が、思いのほか、んまかったので♪

スパゲッティの方ですが。
オクラは、塩をもんで、ゆで、輪切りにしました。
マイタケは、こなべに、ひえしょうゆ、みりん、酒とともに煮ました。

で、ゆでたパスタ、それぞれに、オクラとまいたけ(煮汁も)をからめ。
そして、かつおぶしもたっぷり、細切りののりもたっぷり、乗っけて。

あ、いい感じの和風スパになってきた。
でも、肉っ気がないや。
・・・と思った時に思い出したのが、ツナ缶。
これなら合うかも。

ということで、あとで、ツナも乗っけました。(もし、この記事を見て、参考にしようという奇特な方がいらっしゃいましたら。ツナは、オクラとマイタケと同じタイミングでからめた方が、断然スマートだと思います^^;)

わが子は、できた一皿を見て、「オクラきらい、よけてね」と言いましたが、
食べさせるときに、何気にオクラも口にほおりこんじゃうと、案外いけたようで、オクラも含めて「おいしかった」と言っていました。

なお、スープの方の「ブイヨン」は、特定アレルゲン25種を使っていないもの。
ネスレ社のマギーブランドからでていました。⇒製品紹介リンク
イトーヨーカドーのアレルギー対応商品コーナーで見つけました。
スポンサーサイト

2009年7月31日・夕食 -ゴーヤとかぼちゃの味噌炒め-

★ごはん(ササニシキ)
★煮穴子(穴子、米しょうゆ、メープルシロップ)
★切干大根の煮物(切干大根、にんじん、米しょうゆ、てんさい糖、みりん)
★ゆでとうもろこし(とうもろこし)
★ゴーヤとかぼちゃの味噌炒め(ゴーヤ、かぼちゃ、玉ねぎ、味噌、純米酒、てんさい糖、塩)

ゴーヤと玉ねぎの味噌炒め

子どもには、季節の野菜をいろいろと食べてほしいと思っています。
ということで、ゴーヤ。
子どもが好んで食べる味じゃないのは、わかっていつつも、シーズンに1度くらい、食べてみよう、ということで購入しました。

1本のゴーヤ、半分は、チャンプルーにしました。
アレルギーの関係で卵は使えないので、かわりに、豆腐を投入して、てんさい糖を多めにいれました。あとは、炒めたら甘みの出る玉ねぎとか、もともと甘みの強いコーンとかもいっしょに炒めました。
子どもが食べることを意識した場合、ゴーヤはなるべく薄切りにして、強めの味付けにし、他の食材との組み合わせで食べさせるのがコツかな、と思います。

ということで、残りのゴーヤ半分をどうしようかな、と。
で、同様に残っていたのが、かぼちゃ4分の1個。
最初は、それぞれ単品で料理にすることを考えたのですが、よく考えると、どっちにも合う料理法がなにかあるんじゃないかい?
ということで思いついたのが、味噌炒め。

ゴーヤとかぼちゃ、という料理はなかなか聞かないと思ったけど、どっちとも共通でいける料理法だから、きっとなんとかなるでしょう、ということで作ってみました。
チャンプルーのときと同じく、ゴーヤは薄めに、かぼちゃは、少し大きめに切るのがコツです。

結果。まあ、悪くない感じに仕上がりました。
味噌炒め以外に、カレー炒めなんかも上手くいきそうですね。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。