プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月1日 -我が家のおせち-

2010年の我が家のおせちメモです。

おせち2010年

★焼き魚(連子鯛)
★昆布巻き(身欠きニシン)
★黒豆
★伊達巻風(白身魚の刺身、ごはん(ササニシキ)、かぼちゃパウダー、てんさい糖、みりん)
★田作り
★芋きんとん(金時芋、八角、てんさい糖、メープルシロップ、クコの実)
★ゆり根きんとん
★酢どりれんこん
★お煮しめ

だいたい、ここ2年くらい作っているものと似た感じです。
主に、12月31日に丸一日かけて作っています。

黒豆は、29日の夜から作り始めて、30日中に作ってしまいます。
レシピは、黒豆のパッケージに書かれているものを参考にし、最初に沸騰させた調味液に5時間以上つけ、そして、8時間以上弱火で煮込みます。
但し、うちの場合、ずっと煮込まず、シャトルシェフを使いました。10分沸騰させて2時間保温、を3回か4回、繰り返しました。
黒豆は、うちの子が好物。なんならおやつにも出しちゃいます^^;

田作りも、30日中に作りました。
調理時間はそれほどかからないので、いつ作ってもいいのですが、いかにも日持ちがしそうなので、早めに作っちゃいました。
意外にも子どもに好評。
「おさかなをたべると、丈夫になるよ」と声掛けをしています。

芋きんとんも、30日の夜に作りました。
テーブルに行って、芋をマッシュ始めると、子どもが寄ってきて、当然のように、手伝いを始めました。
そういや、うちの子、保育園でこんなやつ、作ったことがあったのです。
上手にラップをくるくるしていましたよ。
レシピは、検索で出会った、こちらのレシピ(芋きんとん!/しらいし椿さん)を参考にしました。
たまたま、八角とクコの実があったので。
八角を使うのは初めてでしたが、ほんのり中華風味でおいしかったです。

残りのメニューは、31日に制作。

去年は、間違えて、おせちのための野菜を注文しすぎてしまったので、お煮しめは、皮をむく作業だけでも、相当時間がかかってしまいました。

ユリ根きんときは、キッコーマンのレシピを見て、作っています。

伊達巻風は、卵・牛乳・油を使わないおかずを見て、作りました。毎年、作っています。でも、あまり多量に作れないので、今年は、大人用に市販の伊達巻も買っておきました。

酢どりレンコンは、電子レンジを使うスピードメニューです。

おせち作りは大変ですが、丸一日思う存分料理ができるのは楽しいですし、次の日に思いっきりラクができるので、そんなに苦痛ではありません♪


P.S.ちなみに、私がツイッターでつぶやいた芋きんとんづくりの時の関連ツイートです。

芋きんとんを作り始めると、いそいそと手伝いに来た我が子。すりこぎにくっついたお芋のマッシュを、嬉しそうに味見。
10:36 PM Dec 30th, 2009 movatwitterで

茶巾絞りを手伝いながら、「(丸まった)アルマジロみたい~♪」と言うのに感心。つい先日、実物を見ているからだが。よく気がついたね、パパに教えてあげたら?と言うと、1つ完成ごとに報告しに行っていた。
5:50 AM Dec 31st, 2009 movatwitterで


スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。