プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロヘイヤの使いまわし

我が家には毎週宅配で野菜が届くのです。
今週は、うちの食卓にモロヘイヤがやってきました。

こないだのまいたけに続いて、モロヘイヤもうちでは使ったことのない食材なんですよね。。。
とはいえ、これも、何とか食さなければなりません。
一見、ただの葉っぱのようなルックスながら、刻む等の加工を施すと、やわらかくねばねばとなる食感。
どうしよっかな。。。

・・・ということで、やってみました。

①エリンギとアスパラガスとモロヘイヤのスープ
「モロヘイヤスープ」って聞いた事があったので、まあ、スープには合うんだろう、と思って、まずはスープの具にしてみました。
ごくごくシンプルに野菜ダシと塩で味つけです。
普通においしい、普通のスープでした。モロヘイヤの特徴は生かせてなかったと思います(ーー:)。

②刻みモロヘイヤ入り納豆
モロヘイヤの食べ方として、よく納豆と和えるって紹介されているので、やってみました。
でも、モロヘイヤの量が少なかったのか、刻みが足りなかったのか、普通でした。
先週はオクラと混ぜて納豆を食べたのですが、その方が、ねばねばだけでなく、コリコリした歯ごたえが楽しめて良かったです。
今回は作り方がまずかったかもしれないので、またいずれ試してみたいと思います。

③モロヘイヤのお浸し
モロヘイヤはお浸しにも合う、とのこと。
最近、焼き浸し、煮浸しの魅力に気づいた私としては、ただその場で酢等の調味液をかけるのではなく、ちょっと時間をかけて調味液に浸してみることに。
まず、軽くゆがいて、次に、ざくざく切り、それをレモンの絞り汁と塩とモロヘイヤのだし汁を混ぜたものにつけこんでみました。
で、夜。そおっとタッパーをあけて見ると・・・、何これ!
全体がねばねばして、色もところどころ茶色く変色。
でも、食べたら、それなりにおいしくいただけました。レモンで和えると、さっぱりして、わりと何でもおいしくいただけちゃうんですよね^^

④モロヘイヤと春雨と枝豆の和え物
③のお浸しが微妙に残った翌朝。
どうする、これ?お弁当に入れるにも、二人で分けるにも、ちょっと少ないし、第一、昨日と同じじゃ芸がない。
・・・ということで、春雨を投入して、ボリュームアップを図りました。それだけだと、ちょっとさみしい気がしたので、枝豆も投入。(ところで、枝豆って、あらかじめゆがいて冷凍しておくと、使えますね!料理に歯ごたえと彩りを添えてくれます。)③の味付けをそのまま生かして、ひたすら、混ぜる。。。
お弁当に入れて、職場のお昼ごはんにしました。
春雨とモロヘイヤのつるつるした食感がおいしかったです。

⑤モロヘイヤと春雨と枝豆の冷たいスープ
さて、④と同じ朝。
朝と昼と全く同じでは味気ない・・・と思って、④を見つめていたら、ふと、冷たいスープの具にすることを思い立ちました。
それで、かつおぶしのスープを作り、冷蔵庫で少し冷やしました。④は2つの汁茶碗に適量入れて、後は、スープをかければいいだけの状態に。
ここで、だんなさん。「今日は朝、早いんだった」と言いながら、用意しておいた中間品をささっとお腹に入れて、家を出て行ってしまいました。まだ、最終品になってないのに・・・(涙)。
気を取り直して、自分の分だけ、冷たくなったかつおぶしスープをかけて、一人スープをいただきました。
これが、おいしかったです!かつおぶしの風味がしっかりきいたスープがうまかったのですが、それに、モロヘイヤと春雨のつるつるした食感がさわやかにマッチ。
できれば、だんなさんにもいっしょに食べてほしかったですな。

ということで、モロヘイヤ、無事、完食!
さて、次はどんな食材が来るのかな♪

************************
<2008年9月15日追記>
当記事は、blog「イクジな日々、おシゴトな時間」で公開したものを、筆者の判断で、こちらのblogに転載しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onechancecooking.blog84.fc2.com/tb.php/104-6d3ef7e3

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。