プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月2日 朝食 -焼き甘長とうがらし-

★ごはん(ササニシキ(大人用)、Aカットライス(子ども用))
★玉ねぎとわかめの味噌汁(玉ねぎ、わかめ、ひえのみそ)
★あんかけ風(ほたて、小松菜、パプリカ、玉ねぎ、てんさい糖、あわ醤油、コーンスターチ)
★焼き甘長とうがらし(甘長とうがらし、玉ねぎ(大人用のみ)、普通の醤油(大人用のみ)、あわ醤油(子ども用のみ)、かつおぶし)

焼き甘長とうがらし

甘長とうがらし、なぜか2週続けて注文してしまいました・・・。
長いピーマンみたいな形・色。たまに、ピリっと辛い「アタリ」があるのです。
ピーマンと同じように使えるかな、と思いきや、パプリカ系の甘みに乏しく、少し苦味があるので、さりげなくおかずに混入するのは難しそうな食材です。

で、困ったときのネット検索。そこでひっかかってきたレシピがこれ
ちょっとおいしそうかも、と思って、試してみました。

甘長とうがらしは焼きます。レシピではトースターで、とあるけど、うちにはトースターはないので、グリルで5分ほど加熱しました。
で、焼いた甘長とうがらしを乗せた皿の上に、さらに薄切り玉ねぎの冷水さらしを乗せます。子どもには生の食材をまだ与えていないので、抜きました。(時間があれば、レンジ加熱して投入する、という手もあった。でも、手順を間違えて、子ども用の薄切り玉ねぎをおとりおきしておくのを忘れちゃったのよ~(泣))。
その上に、かつおぶしをたっぷりかけて。
醤油は、取り分けた後にかけるので、大人用は普通の醤油を、子ども用はあわ醤油をと、使い分けることができました。

これがおいしかったのです。
くせのある食材なのに、ばりばり食べれてしまった。
ちなみに、子どもも一番に手をつけてたし、さっさと食べつくしてましたよん。

ちなみに、今日の裏テーマは、「玉ねぎ」。
味噌汁にはゆでて、あんかけ風には炒めて、焼き甘長とうがらしには生で、と調理の仕方を変えて、2菜1汁すべてに投入してみました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onechancecooking.blog84.fc2.com/tb.php/116-6ee2b0c6

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。