プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月16日・夜 -おじや(水だきの翌日につき)-

★おじや(昨夜の水だきのスープ、豆腐、聖護院大根、春菊、ごはん(ササニシキ)、大豆醤油)
★こんにゃくのネギ味噌和え(こんにゃく、長ネギ、ごま油、ひえのみそ、いりゴマ、レモン汁)

で、おかわりして。
★ごはん(ササニシキ)
★だしがらの佃煮(「いなかだし」、大豆醤油、メープルシロップ、えごま)
★にんじんのぬかづけ(にんじん、ぬかどこ)

昨夜はひとり鍋でした(白菜、春菊、長ネギ、とらまきだけ、こんにゃく、豆腐、だし:「いなかだし」、つけつゆ:大豆醤油、梅酢)。
で、そのだし汁は、しっかりとっておきました。
朝食、昼食と出番はなかったのですが、夕食で出番が!(本当は聖護院大根を使ったぶり大根を作るつもりだったの。でも、帰宅が遅くなり、料理を作ってる時間がなかったものですから、急遽変更。)
ワタシ用にはおじや、チチ用にはうどんです。
鍋の残りスープを使ったおじややうどんは、しっかりだしがとれているため、失敗知らずなのがいいところ♪
あー、スープをお取り置きして、助かった。

こんにゃくは、最近電子レンジで下ごしらえするテクを覚えました。
ですので、おじや&うどんに具として投入すべく、下ごしらえをしたのですが・・・、レンジに入れっぱなしにして、おじやに投入を忘れてしまってました(←アホ)。
でも、使わないのはもったいないので、午前中に作ってみた「ネギ味噌」と和えて炒めてみました。
これもおいしかった!
やっぱり、作り置きしとくと助かることがあるんですねー。

あとは、「だしがらの佃煮」も、午前中に思い立って作ってみたもの。
昨日の鍋に使った「いなかだし(商品名)」の出し殻を電子レンジでチンして乾かして、次にフライパンで、えごまといっしょに炒り、大豆醤油とメープルシロップで煮詰めたもの。
香ばしくて甘くてごはんとの相性もGoodでした。

「にんじんのぬかづけ」も(当然ながら)作り置き料理。
ぬかづけ、最近、始めてみたのですが、簡単なのにびっくり!(手は汚れるけど)時間がおいしくしてくれる料理なんですね。人間はつけるだけ、取り出すだけ。まあ、洗ったり切ったりする作業はあるけど、適当にすればいいんで、楽なもんです。
ちなみに、にんじんのぬかづけを食べてると、離乳食を食べ終えた赤ちゃん(1歳1ヶ月、歯は上下2本ずつ)が食べたがったので、あげてみました。結構、ぽりぽり食べてました。幕内秀夫さんの本でもこどものごはんにぬかづけが勧められていたけど、赤ちゃん、ぬかづけもいけるのですね。ふむふむ。
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。