プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃくの使い回し

以前、こんにゃくを手作りした話を書きました。
ほとんど毎日のようにこんにゃくを料理に投入してた気がするあの頃。
きっとその間にこんにゃく料理の腕があがっているに違いない!と思い、その頃の料理(材料)の記録を見直してまとめてみました。

①こんにゃくのおかか炒め(こんにゃく、かつおぶし、粟醤油、みりん、ごま油)
 こんにゃくを細かく切って、かつおぶしを和えて炒めたもの。

②ぶり大根プラスアルファの煮物(こんにゃく、大根、れんこん、ぶり、大豆醤油、みりん、純米酒、しょうが)
 大根は輪切り、れんこんやこんにゃくも大きめに切った気がします。醤油・みりん・酒で煮込んだもの。ぶりの臭み消しにしょうがも投入しています。

③にんじんといんげんのきんぴら(こんにゃく、にんじん、いんげん、粟醤油、えごま油、純米酒、七味とうがらし)
 たぶん、いずれの具も細く切って炒めたんだろうなー。最後に七味とうがらしで味付したのだと思います。

④おかひじきとこんにゃくの黄金和え(おかひじき、こんにゃく、菜種油、塩、純米酒、豆腐、かぼちゃ、塩)
 下ごしらえしたおかひじきとこんにゃくを、豆腐とかぼしゃマッシュを合えた黄金色の餡に和えて作ったもの。「野菜だけ?」に載っていたレシピに忠実に作っています。

⑤こんにゃくステーキ・1(こんにゃく、菜種油、オイスターソース)
 こんにゃくを焼いて、最後、オイスターソースで味付したんでしょうな。こんにゃくステーキについては、ここのサイトを参考にしました。

⑥ひじきとこんにゃくの煮物(長ひじき、こんにゃく、れんこん、しいたけ、どんこしいたけ、米醤油、みりん、純米酒)
 具を醤油・みりん・酒で煮込んだもの。

⑦こんにゃくのきんぴら(こんにゃく、大豆醤油、純米酒、七味とうがらし)
 こんにゃくだけで作ったきんぴらです。③のきんぴらでは、アクセントでしたが、ここでは単品で登場。

⑧根菜とこんにゃくの煮物(さといも、れんこん、こんにゃく、大豆醤油、みりん、純米酒)
 さといもとれんこんとともに、醤油、みりん、酒で煮込んだもの。

⑨こんにゃくと昆布のさっと煮(こんにゃく、昆布、粟醤油、純米酒、みりん)
 ・・・覚えてない。

⑩じゃがいもの煮物・味噌味(じゃがいも、こんにゃく、「ミックスベジタブル(にんじん・グリーンピース・コーン)」、塩、キヌア味噌)
 ・・・肉じゃがの肉抜きというか、こんにゃくを肉に見立てて作ったというか。そんな感じです。

⑪こんにゃくステーキ・2(こんにゃく、えごま油、米醤油)
 ⑤でもこんにゃくステーキだったのですが、また作っちゃったんでしょうね。味付は違ってますが。

⑫水炊き(白菜、春菊、こんにゃく、とらまきだけ(←えのきだけの原種だそうです)、長ネギ、豆腐、めかじき、しょうが、純米酒、「田舎だし」、つゆ:大豆醤油、梅酢)
 めかじきはしょうがと酒と一緒にバーミックスで砕いて、つみれにして使っています。

⑬ライスバーガー(バンズ:ササニシキ、粟醤油、具:こんにゃく、粟醤油、キャベツ、長ネギ、とらまきだけ、だしがらの佃煮:「いなかだし」、大豆醤油、メープルシロップ、えごま)
 こっちで紹介しています。

⑭じゃがいもの煮物・(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、スナップえんどう、こんにゃく、キヌア醤油、みりん、純米酒)
 具を醤油・みりん・酒で煮込んだもの。

⑮ホワイトソルガム粉のお好み焼き(キャベツ、桜海老、長ネギ(青い部分)、こんにゃく、ホワイトソルガム粉、「中濃ソース」)
 キャベツは千切り、長ネギの青い部分は小口切り、こんにゃくは細かく切って投入です。ホワイトソルガム粉は小麦粉の代用品と思っていただければ。

 以上です。
 そっかー。あのこんにゃくを消費しつくすのに、15料理もかかったのね。

 基本的には、加熱方法は、煮込む・炒める(きんぴら)・焼く(ステーキ)の3通り。
 切り方は、大きく三角に(おでん等、料理の主役として)、スプーンですくう等大きめ不規則に(煮込み料理、肉に見立てて使えます)、薄切り(ステーキ、表面に切れ目を入れるのも必要だけど)、小さめに(きんぴら)、細かくみじん切り風に(お好み焼き、料理の増量の役割)、細長く(糸こんにゃくに見立てて。市販のこんにゃくではあまりしないけど、手作りこんにゃくなので、こういう使い方もしてみました)、みたいなところでしょうか。
 まあ、それなりに使い方もあるもんです。

その後のこんにゃくの使い方
⑯こんにゃくのおかか炒め・スイートチリソース添え(こんにゃく、かつおぶし、大豆醤油、みりん、スイートチリソース)
 こんにゃくをかつおぶしで炒めたものに、スイートチリソースをかけてみると、すごーくおいしかった!お勧めの食べ方です。

⑰キャベツとこんにゃくの味噌炒め、のっけ丼
 「キャベツとこんにゃくの味噌炒め」は「野菜だけ?」のレシピ。これもおいしかったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onechancecooking.blog84.fc2.com/tb.php/29-aee90df5

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。