プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月25日・おやつ -ずんだもち-

★ずんだもち(ゆきひかり粉・タピオカ粉・枝豆・メープルシロップ)
★小豆もち(ゆきひかり粉・タピオカ粉・小豆・メープルシロップ)

11月の始め頃、枝豆をつぶして作ったずんだあん。
そのうち、これでずんだもちを作ろう、作ろう、と思いながら、冷凍保存しておいたのですが、早くも1ヶ月近くが過ぎ去ってしまっていました。
ということで、ようやく日の目を見たずんだあんです。

ユキヒカリ粉6割・タピオカ粉4割くらいで、水を少しずつ加えて、お餅を作りました。水の投入量の目安は「耳たぶくらいの硬さ」。
で、それで、ずんだあんと小豆餡をそれぞれ包みました。
それを蒸し器で20分蒸しました。

そして、味見。
うん。もちもちしておいしいです^^

ずんだもち&あずきもち


しかし、おやつの時間になって食べてみると、なんか硬い。。。(制作後、経過5時間くらいかなー)
噛み切って食べてる、って感じ。
やっぱりすぐ食べないとおいしくないのでしょうか。なんか工夫の余地、あるのかな??

それから、餡の方。

ずんだ餡は、味はくせになりそうな味です。でも、つぶつぶっぽいんだよねー。なめらかじゃないの。
ずんだもち(中身)



小豆餡の方は、すでに煮た豆を使ったせいか、わりと簡単になめらかな「つぶあんもどき」になってくれました。

それにしても、市販の和菓子ってなんであんなにしっとり・もちもちしておいしいんでしょうか?
和菓子もっと研究せねば、です。
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。