プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月26日・夜 -小豆とかぶの煮物-

★ごはん
★しめじとわかめのスープ(しめじ、わかめ、「和風だし」、塩、大豆醤油、ミニタピオカ)
★じゃがいものカレー煮(じゃがいも、にんじん、いんげん、糸こんにゃく、大豆醤油、塩、「カレー調味料」)
★小豆とかぶの煮物(小豆、かぶ、昆布、大豆醤油)

・・・こうやって並べてみると、ところどころ市販品、利用してますね^^;
ちなみに、大豆醤油というのは、大豆と塩を原材料とする醤油で、小麦を使用していない醤油です。(普通の醤油は、大豆・小麦が原材料に使われています)

さて、小豆(煮えてるもの)の缶詰を開けたのはいいのですが、微妙に残ってしまいまして。
そのまま食べるのも芸がないと思ったので、煮物にして食べてみよう、と思い立ちました。
なんかの野菜といっしょに醤油で煮たら、いけるかも・・・。

ということで、かぶを小さめの短冊に切って、いっしょに煮ることに。
小豆だけの味だとくせがありすぎるかも、と思い、昆布も小さく刻んで、いっしょに投入しました。

自分の頭の中だけのイメージで作ったので、できあがりを待つ間、どんなものができるのか、かなーり不安でした。
普通、頭の中だけのイメージって、なんか別の食べたことある料理からの連想で作ることが多いんだけど、今日の場合は、そういう意味ではオリジナル。l

で、味見をしてみたら・・・、ビミョーな味。

でも、思い切って、食べてみたら、結構おいしくできてました。
ちょこっと食べただけでは「???」だったんだけど、がばっと食べると「これもありかも」って感じ。口の中で小豆の甘さとやわらかく煮えたかぶがミックスされて、今まで知らなかった味わいがありました。

かぶと小豆の煮物


(画像にすると、いまいちおいしそうに見えないんだけどなー^^;)
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。