プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月10日・昼食 -米粉ピザ-

★米粉ピザ(米粉(リファリーヌ)、白神こだま酵母、塩、てんさい籐、オリーブオイル)
 ・マッシュルームとピーマンのピザ(マッシュルーム、ピーマン、玉ねぎ、ニューMA-1、片栗粉、ケチャップ
 ・りんごジャムとレーズンのピザ(自家製りんごジャム(りんご、てんさい糖、レモン)、レーズン、松の実)

米粉ピザ


以前切抜きをしていた米粉ピザのレシピ(パルシステムのカタログ「ぷれーんぺーじ」の2007年3月第一週より)が、最近ぽろっと出てまいりまして、ずっとキッチンの目につきやすいところにおいておいたのですが。

本日、使おうとしていた野菜は「マッシュルーム」。マッシュルームを使ったレシピにはどんなものがあるんだろう、と調べてみると、やっぱり洋風レシピが多い。ピザとか。

そういえば、ピザのレシピ、あったよな~。ピーマンと玉ねぎもあるから、その辺の具を組み合わせれば、ピザ、作れそうじゃない?
レシピを見ると、ピザ台に使うのは、リファリーヌと白神こだま酵母、オリーブオイル。全部、あるじゃん♪
この日はおでかけする予定があったので、時間が間に合えば昼食のお弁当をピザにできるかも!?(タイムアップになれば無理かもしれんが)

ということで、急遽思いついて作ることになったピザ。
ちなみに、小麦粉のピザもまったく作ったことがない私でした。

まずは、ピザ台の生地作り。
白神こだま酵母のパン作りは分量をきっちり守る、ということがポイントと聞いているので、生地の分量はレシピどおりきっちり守ってみました。白神こだま酵母ドライ・1袋、リファリーヌ・400g、塩・小さじ2、てんさい糖・こさじ4、オリーブオイル・大さじ2。
そして、レシピどおりの手順でこね合わせていきます。
そして、手をつかってこねこねこね・・・。この頃になると起きてきたゆきごんも興味深げに見入っていました。

最近思うのですが、米粉パンって実は小麦粉パンより作るの簡単なのでは?と思う。あんまりこねこねし続けなくていいし。このレシピによると、オーブンで焼くときも、小麦粉ピザは余熱して焼くけど、米粉ピザは余熱不要だし。

そして、生地を発酵。オーブンレンジの発酵機能を使って、30度で20分、しばらく外に出して、再び30度で30分、発酵させてみました。レシピでは40~50分ということですが、うちでは朝食作りの途中でピザ作りをはじめてしまったため、途中で別件でオーブンレンジを使いたくなってしまったのですね。
ラップで包んだ生地は、ぴろーんと伸びて、少々ラップからはみだし気味でした。

それを4等分して、オーブンの上にセット。
そのうち2つはりんごジャム(自家製。りんごの大量購入につき、保存食として作ったもの)を塗り、上にレーズンと松の実をトッピング。
残りの2つは、ケチャップを塗り、そのうえに、薄切りにしたマッシュルーム、細切りにしたピーマンを散らし、そのうえに、玉ねぎをオリーブオイルで炒めてニューMA1、片栗粉、水を加えてさらに炒めて作ったアレルギーっ子対応ホワイトソース(「アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん」を参照)をかけたもの。
最初のものは7分間で取り出し(フルーティなピザなのであまり熱を加えるのもどうかと思った。)、後のものものは15分焼いてみました。

そして、取り出したものはいくつか味見。りんごジャムのピザはりんごジャムがおいしいんだけど、ぽろぽろ落ちやすいし、りんごジャムのついていないところはもっちりしすぎてる気がする・・・。
マッシュルームのピザは、ホワイトソースがやっぱりアレっ子向けって感じの味。まあ、しようがないけど。

で、これは昼食として、重箱に入れて持ち出し。
雨の降る寒い戸外(テントの屋根はあった)で食べたのですが、もうさめていたのですが、ゆきごんには好評。おかわり、おかわり、であっという間にマッシュルームのピザがなくなってしまいました。りんごジャムのピザは1切れ食べただけ。

そして、夕方、帰宅して、りんごジャムのピザはオーブンで7分ほど温めなおし。そうすると、ピザ台もかりっとしていい感じに。
その匂いを聞きつけたのか、野性の感が働いたのか、キッチンにやってきたゆきごんに残りをあげると、残っていた3切れがあっという間になくなってしまいました。

ピザってやっぱりしっかり温めてかりっとさせた方がおいしいですね。

ゆきごん、今日はピザを食べるの初めてだし、下手すると「ピザ」という言葉を聞いたのもはじめてかもしれないけど、そんなの関係なく、口いっぱいにほおばって食べ続けていました。
子どもって、こういうパン系メニューが好きなのかもしれませんね。(幕内秀雄さんの主張には反するけど(笑))
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onechancecooking.blog84.fc2.com/tb.php/77-44da5a30

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。