プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
2005年11月生まれの食物アレルギーっ子の母です。

我が家の食料庫にある食材を使いまわして、何とか3食の料理を食卓に提供する、毎日のキッチンは出会いと発見の連続。
失敗もあります。感動もあります。
そんな我が家のキッチンを気まぐれにレポートするblogです。

(ほとんど本人のためのメモです。分量等特に書いていないため、レシピとしてはほとんど参考にならないと思うので、あしからず)

さちまねきのその他のblog
イクジな日々、オシゴトな時間。

参考記事
日々、料理をこなすコツ(我流)


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月20日・夕食 -オクラとマイタケとツナの和風スパゲッティ-

★オクラとマイタケとツナの和風スパゲッティ(オクラ、マイタケ、ツナ、かつおぶし、のり、塩、ひえしょうゆ、みりん、酒、スパゲッティ(大人用)、きび麺(子ども用))
★洋風スープ(キャベツ、にんじん、玉ねぎ、塩、ブイヨン(25品目不使用))

夕方、帰宅して。
きゃー、ごはんを炊き忘れてた!
きゃー、冷蔵庫の中のお野菜の種類があまりに貧弱!
というときに、なんとかひねりだした一品が、思いのほか、んまかったので♪

スパゲッティの方ですが。
オクラは、塩をもんで、ゆで、輪切りにしました。
マイタケは、こなべに、ひえしょうゆ、みりん、酒とともに煮ました。

で、ゆでたパスタ、それぞれに、オクラとまいたけ(煮汁も)をからめ。
そして、かつおぶしもたっぷり、細切りののりもたっぷり、乗っけて。

あ、いい感じの和風スパになってきた。
でも、肉っ気がないや。
・・・と思った時に思い出したのが、ツナ缶。
これなら合うかも。

ということで、あとで、ツナも乗っけました。(もし、この記事を見て、参考にしようという奇特な方がいらっしゃいましたら。ツナは、オクラとマイタケと同じタイミングでからめた方が、断然スマートだと思います^^;)

わが子は、できた一皿を見て、「オクラきらい、よけてね」と言いましたが、
食べさせるときに、何気にオクラも口にほおりこんじゃうと、案外いけたようで、オクラも含めて「おいしかった」と言っていました。

なお、スープの方の「ブイヨン」は、特定アレルゲン25種を使っていないもの。
ネスレ社のマギーブランドからでていました。⇒製品紹介リンク
イトーヨーカドーのアレルギー対応商品コーナーで見つけました。

2009年7月31日・夕食 -ゴーヤとかぼちゃの味噌炒め-

★ごはん(ササニシキ)
★煮穴子(穴子、米しょうゆ、メープルシロップ)
★切干大根の煮物(切干大根、にんじん、米しょうゆ、てんさい糖、みりん)
★ゆでとうもろこし(とうもろこし)
★ゴーヤとかぼちゃの味噌炒め(ゴーヤ、かぼちゃ、玉ねぎ、味噌、純米酒、てんさい糖、塩)

ゴーヤと玉ねぎの味噌炒め

子どもには、季節の野菜をいろいろと食べてほしいと思っています。
ということで、ゴーヤ。
子どもが好んで食べる味じゃないのは、わかっていつつも、シーズンに1度くらい、食べてみよう、ということで購入しました。

1本のゴーヤ、半分は、チャンプルーにしました。
アレルギーの関係で卵は使えないので、かわりに、豆腐を投入して、てんさい糖を多めにいれました。あとは、炒めたら甘みの出る玉ねぎとか、もともと甘みの強いコーンとかもいっしょに炒めました。
子どもが食べることを意識した場合、ゴーヤはなるべく薄切りにして、強めの味付けにし、他の食材との組み合わせで食べさせるのがコツかな、と思います。

ということで、残りのゴーヤ半分をどうしようかな、と。
で、同様に残っていたのが、かぼちゃ4分の1個。
最初は、それぞれ単品で料理にすることを考えたのですが、よく考えると、どっちにも合う料理法がなにかあるんじゃないかい?
ということで思いついたのが、味噌炒め。

ゴーヤとかぼちゃ、という料理はなかなか聞かないと思ったけど、どっちとも共通でいける料理法だから、きっとなんとかなるでしょう、ということで作ってみました。
チャンプルーのときと同じく、ゴーヤは薄めに、かぼちゃは、少し大きめに切るのがコツです。

結果。まあ、悪くない感じに仕上がりました。
味噌炒め以外に、カレー炒めなんかも上手くいきそうですね。

2009年7月22日・夕食 -しそじゃこレタスチャーハン-

★しそじゃこレタスチャーハン(ごはん、レタス、ちりめんじゃこ、大葉、油、塩)

しそじゃこレタスチャーハン

すみません、少し時間が立ってから書いているので、ちょっと材料が正確に思い出せないんですけど。

冷蔵庫、冷凍庫の残り物を見たとき思ったのが、あ、しそじゃこチャーハン作れるじゃん、っていうこと。
しそじゃこチャーハンというのは、昔、ダンナさんとよく言ってた居酒屋のお気に入りメニューだったんです。
しそもじゃこも、いい加減、早く消費しろよ、って感じの残り方だったので。

で、あと、この日、冷蔵庫に残っていたのがレタス。
レタスも意外とチャーハンに合うんで、じゃ、この3つでチャーハンにしてみるか、ってことで作ってみました。

「チャーハン」の名前に沿わず、和風の味わいですが。
少し、塩をきかせてみました。

おいしかったです。
だいたい、料理名が普通名詞に近くなっている料理って、失敗しらずですけどね♪

2009年7月16日・夕食 -まかじき冬瓜-

★ごはん(ササニシキ)
★味噌汁(筒菜、しいたけ、昆布(だし)、きびの味噌)
★まかじき冬瓜(冬瓜、まかじき、てんさい糖、酒、みりん、米しょうゆ)
★春雨の酢の物(緑豆春雨、枝豆、玉ねぎ、米しょうゆ、赤梅酢、てんさい糖)

まかじき冬瓜


冬瓜をどう使おう、と悩んだのですが、大根をイメージして煮物にすると、使えるんじゃないか、と思いました。

ということで、「ぶり大根」から連想して、「まかじき冬瓜」にしてみました。

冬瓜、なかなかおいしかったですよ。
冬瓜は、煮物にすると、本当、やわらかく、よく味がしみて、おいしいです。

・・・夏なのに「冬瓜」ってヘンな感じですね(笑)。

2009年5月某日 -ラップおにぎりとハンバーグのお弁当-

★ラップおにぎり(ササニシキ・ふりかけ①まんまぱっぱかつお・ふりかけ②三島の炊き込みわかめ)
★牛肉の焼きハンバーグ(牛肉・玉ねぎ・タピオカ粉・塩・こしょう・ナツメグ・ケチャップ・とんかつソース)
★にんじんのグラッセ(にんじん・てんさい糖)
★アスパラとえりんぎの蒸し煮(アスパラガス・えりんぎ・塩)
★キャベツの塩もみ(キャベツ・塩)

2009年春・遠足のお弁当

保育園で遠足があるとのことですので、お弁当作りです。
実は、この日、仕事で気になることがあって、ずっと頭はそっちのことを考えていたので、結果、お弁当の準備の方は、かなり非効率な感じで作ってしまいました。
4時にキッチンに立ってはいたのですが、いつもの朝食の時間になってもまだわたわたしているような状態。また、子どもが途中で本を持ってきて、「読んで」と大騒ぎしたこともありますけど。

そもそも、メニューを細部まで考えていなかったこともあります。
ハンバーグを作ろう、ということと、おにぎりにしよう、ということだけは決めていたのですが、あとはありもので適当に何とかなるだろう、ということで。

印象に残っているのは、にんじん、型抜きをしたら、うちの子が、
「かたぬきしてくれて、ありがとう~」と言ったこと。
さほどかわいさをめざしていないお弁当だけど、ちょっとは、かわいくした方がいいのね、きっと。
にんじんのグラッセは、定番化しています。

そして、遠足から帰ってきて。

完食してくれ、からっぽのお弁当箱をうれしそうに見せてくれました。
うれしい~~~

で、園からの遠足のおたよりを読んで。
気になったのは、「お弁当のおかずのとりかえっこをしている子もいました」の記述。
「ゆきごんは、しなかったよね?」とは確認しておきました。
ま、うちの子、慎重なところがあるので、大丈夫だと思うんだけど。
こういう光景は、やっぱちょっとせつないだろうな・・・。
正直、親としても、わが子のために作ったものはわが子に食べてほしいと思うんじゃないだろうか。(冷凍食品をつめただけ、なら、抵抗ないかもしらんが)

2009年3月7日・夕食 -豆乳と島らっきょうのグラタン-

★ごはん(大人:ササニシキ、子ども:低アレ米ササニシキ)
★しょうがとのりのスープ(しょうが、のり、純米酒、塩)←レシピ本「野菜だけ」より
★キャベツとツナのパスタサラダ(キャベツ、ツナ缶、ひじき、四穀しょうゆ、塩、こしょう、赤梅酢、大人:スパゲティ、子ども:きびめん)
★豆乳と島らっきょうのグラタン(キャベツ、大根、冷凍コーン、豆乳、島らっきょう、塩、こしょう、タピオカ粉)

豆乳と島らっきょうのグラタン

本日は、グラタンもありものの材料で、適当にできるのよ。という話。
別名、なんちゃってグラタンです。

朝のスープは、小さく短冊状に切ったキャベツ、そして、サイコロ状に切った大根、それにコーンを入れて、塩だけでことことことこと、煮込んだスープでした。
で、これ、具があまりに多かったので、汁がほとんどないのに、具だけ大量に残ってる状態に。
それで、その具を使って、グラタン(風)にすることにしました。

本当は、玉ねぎがいいと思うんですけど、すでに冷蔵庫に長く住んでいる「島らっきょう」を片付けなくてはいけない、ということで。まあ、同じ薬味野菜だし。炒め物でも使えたし。と思い、島らっきょうをベースにホワイトソースを作ることに。
まず、島らっきょうを炒めて、そして、豆乳を200ml投入(ああっ、意図せずシャレになってしまった)。
塩・コショウで味を調えて、タピオカ粉を水で溶いたとろみ粉を投入。さらに、とろっと感がでるまで、火にかけたらホワイトソースはできあがりです。

これを、グラタン皿に入れた具の上にかけ、オーブンレンジのオートメニュー「グラタン」でチン。
(オートメニューを使う場合、余熱なしでやるんだと思います。20分程度かかりました。温度はわかりません。)

島らっきょう、どこかに、薬味としてマイルドなので子ども向け料理にも使える、と書いてあったような気がするのですが(出典忘れた)、でも、いつも使ってる薬味野菜と違うものを使ってみるのも、おもしろいものです。

2009年2月3日・朝食 -きゅうりとエリンギとひじきの炒め物-

★ごはん(ササニシキ)
★ベトナム麺のスープ(ベトナム麺、キャベツ、セロリ、グリーンピース、ひよこ豆、塩、大豆醤油)
★きゅうりとエリンギとひじきの炒め物(きゅうり、ひじき、エリンギ、てんさい糖、大豆醤油)
★焼き魚(にしん・塩)

今朝は、きゅうりとエリンギとひじきの炒め物が、子どもに好評でした。

きゅうりとエリンギとひじきの炒め物
久々に写真も撮ってたので、アップ。

焼き魚ですが、にしんってほんと小骨が多いのね・・・。

ベトナム麺のスープは、完成前までは、「緑の野菜と豆のスープ」みたいな名称を考えていたのに、できあがってみたら、麺があまりにも存在感があったので、名称変更(笑)。
ブン、という米の麺なのですが、乾燥麺がすきとおっていたので、春雨みたいになるのかと思っていたら、素麺みたいにできあがりました。・・・確かにパッケージを改めて眺めると、「乾燥米素麺」と書かれていたのですけど(笑)。

2009年1月26日・朝食 -レタスとさといものお好み焼き-

★レタスとさといものお好み焼き(レタス・さといも・豚肉・米粉・塩・<子ども用>中濃ソース、<大人用>お好み焼きソース)
★春菊とジャンボマッシュルームの洋風スープ(春菊・ジャンボマッシュルーム・玉ねぎ・塩・白ワイン・ローリエ・大豆醤油)

ふっふっふっ。20日にレタス記事を書きましたが、この日もまだレタスが残っていました。もちろん当初に比べれば、ずいぶん小さくはなっていますが。
で、思いついたのが、レタスの千切りでお好み焼きを作ること。普通は、キャベツですけどね。レタスだとよりシャキシャキ感の強いお好み焼きになるかな、と思い。

そして、さといも。これも、小さなさといもが数個、微妙に残っておりまして。
さといもも、お好み焼きに入れちゃえないかい?
いえ、さといもっていうと最初に思いつくのが和風の煮物ですが、意外とグラタンとかにも合うし、スライスして炒めてもホクホクおいしい素材なのですよ。お好み焼きにもなんとか合うのでは?
それに、やまいもってお好み焼きにすりおろしていれますよね。さといもだって、ぬめぬめいものつながりで、なんとかならないかい?
そう思って、ネット検索してみると、さといものお好み焼き、いくつかひっかかってきました。やりかたは、おろして入れる、というものもあったのですが、手元のさといもは小さいものだったので、おろすと怪我をしそう。それで、電子レンジでチンして、つぶす、というやり方を採用しました。

ボウルに千切りレタスを入れ、米粉に塩を混ぜた粉を水でのばしたものを入れてぐるぐるかき混ぜ、つぶしたさといもを投入して、さらに混ぜて、生地にしました。
そして、フライパンを熱して、まず、豚肉を裏表焼き、そこに生地を一気に流し込み。いえ、本当は、人数分の3つに分けて焼く方がよいのでしょうけど、何しろ、平日の朝、それまでの準備ですでにタイムオーバー気味だったので。。。
そして、ふたをして5分(途中から弱火にします)。ふたをとってみると、なんとなく、お好み焼きらしくなっているではありませんか。でも、上手にひっくり返すのは難しそう・・・っていうか、不可能そう。
でも、なんとか、ひっくり返して、再び、ふたをして5分。で、加熱終了です。
だいたい3つに分けて、お皿に盛り、大人用にはおたふくのお好み焼きソース、子ども用には原材料のよりシンプルな中濃ソースをかけてできあがりです。

結構、もっちり、ほくほくしてて、おいしかったです。
ていうのか、たぶん、さといもが大成功だったと思うのですよ♪
ワタシとしては、残り物を組み合わせて、おいしいものが作れたので、満足、でした。

ちなみに、スープについてもコメント。
生協で、ジャンボマッシュルーム、というのを買っては見たものの、使い方がわからず。それで、スープに入れてみた、という感じなのですが、だんだん、洋風スープの香りが漂ってきたのですよ。最初は、和風のスープになるかと思ったのですが、ここまで、洋風の香りがするのならしようがない、と白ワインとローリエで香り付けをし、最後、醤油で味を調節してできあがり、としました。
こちらもパパにまあまあ好評でしたよ。
«  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。